人気のオプショナルツアー

【ドルフィンアンドユー】私の口コミ公開中★ハワイでイルカと泳ぐ!ドルフィンスイム(シュノーケル)のツアー

ハワイでオプショナルツアーをするなら絶対にコレ!!っていうほど人気なのが、「ドルフィンスイム」です。

私は、何と言っても海が好きすぎて、中学生の頃から毎年沖縄に年に1度旅行をして、シュノーケルやダイビングを楽しむほど、アイラブ海なわけです。笑

何を隠そう、ハワイではイルカと泳げると聞いたので、ハネムーンはハワイに決めたんですが、ドルフィンスイムは、泳げない人でも大丈夫なんです!


ということで、今回私たち夫婦が実際にハワイでドルフィンスイムを、あの・・あの・・・大人気の「ドルフィンアンドユー」さんで体験してきましたので、実際の写真と合わせて、生のリアルな口コミを紹介いていきたいと思います☆


ドルフィンスイムって何をするの?


ドルフィンスイムとは、簡単にいうと「イルカと泳げる」シュノーケル体験です。

ハワイオアフ島などの港から船で沖に出て、クルー(スタッフさん)たちと一緒にイルカがいるポイントにシュノーケルで海を泳ぎながら、イルカと出会えるっていう何とも素晴らしいオプショナルツアーなんですよ☆(*´∀`*)


イルカと出会えるというより、一緒い泳いでいるような体験が出来て、ハワイに行くなら絶対にやるべきアクティビティだと思います。

ツアー会社によっては、ドルフィンスイムのシュノーケルをしたあとに、ウミガメウォッチングやホエールウォッチング、フラ体験など、1日かけて盛りだくさんなプログラムを用意しているところもあります。


※写真はDolphin&youさんより


また、オプショナルツアーの料金を日本にいる時点で支払っている場合はいいですが、「現地決済」、「現地支払い」となっているツアーは、ほとんどの確率でクレジットカードでの支払いが出来ません。

現地決済となっているツアーは、だいたい現金での支払いしか出来ませんので、現地決済のツアーに関しては、チップ分の現金と合わせて、ツアー料金代も現金で持参することを忘れずに☆


泳ぎが得意じゃないと、イルカとは泳げないの?


ハワイでは、水着の上からライフジャケットは必ず着なければならないそうです。
そのため、沖で水着だけで泳ぐわけではないので、沈むことはよほどありません!

私の場合は毎年沖縄の海でシュノーケルしていますが、ツアーの参加者の中には「あんまり泳ぎが得意じゃない・・・」って人や、50代、60代(っぽい)の方もいましたよ。


ライフジャケットは、泳げない人には絶対必要ですし、それでも心配な人はウェットスーツも着ましょう。
ウェットスーツは浮く力があるので、ライフジャケットだけ着るよりも、さらに沈みません。

例えば、手で水をかかなくても、何もしないで全身のちからを抜いても、全く沈まないでずっと海面に浮いていられます。

これなら、何の心配もなくイルカと泳げますね☆(*´ω`*)


それに、トライアスロンのように船から離れて何キロも泳ぐわけではないですし、イメージ的には、イルカの通り道のポイントに船で行き、船から海に飛び込んだらすぐって感じです。

また、クルー(スタッフ)さんが当然一緒に泳いでいますし、もし本当に力尽きそう(足つったり)だったら、手振ったりすればすぐにスタッフさんが来てくれるので、ルールを守ってクルーさんの目の届くところにいれば、大丈夫です。


私が参加した「ドルフィンアンドユー」の場合は、ほとんどのクルーさんがベテランのライフセーバーだそうなので、安心して泳げます!


ドルフィンスイムのツアー参加料金


ドルフィンスイムのツアー参加料金は、そのツアーを運営しているツアー会社ごとで違いますが、だいたい$150前後(1万5千円前後)です。

ツアーには、シュノーケル用品や昼食と飲み物がついた料金で、各宿泊先ホテルへの送迎も無料です。

ウェットスーツは1着$5など有料でレンタルもできますが、ライフジャケットは無料で、ハワイではライフジャケットは着用義務(必ず着なければいけない)があるそうです。


といっても、シュノーケルの道具や昼食もツアー料金に含まれているのに、かなりお値打ち料金で参加できますよね。




旅行会社を通じてツアーを申し込む場合には、事前に旅行会社で支払いを済ませ、個人手配の場合は現地でツアー開始前にツアー料金の精算を行うこともあります。

ツアーの参加費用の他に、チップも渡すことがあります。
ドルフィンスイムのオプショナルツアーの場合のチップの金額などについては、こちらハワイでのチップの正しい支払い方、いつ渡すか、相場の金額は?「ホテル、タクシー、ツアー」で詳しく解説していますので、参考にしてください。


ドルフィンスイムのツアー会社の選び方/英語が話せないけど、問題ない?


ドルフィンスイムは、私が参加した「ドルフィン&ユー」の他に、「私立イルカ中学」、「名門イルカ大学」、「シーハワイ」などいろいろありますが、この3つが特に人気のオプショナルツアーです。

どのツアー会社も同じような内容ですが、イルカと泳ぐドルフィンスイムのあとに、例えばウミガメシュノーケリング(スノーケル)・ウォッチングや、カヤック、パドルボード、ハワイアンフラが体験できたりと、ドルフィンスイムのあとのプログムが少し違う程度です。


私は「ドルフィン&ユー」に参加しましたが、イルカ大学とか他のツアーも同じ港から船で行くみたいで、出港するところは同じようです。





ドルフィンスイムのツアー会社の選び方としては・・・
●日本語(日本人)スタッフが同行してくれるか
●スタッフが撮影したその日の写真データが購入できるか
●ドルフィンスイム後のプログラム内容

です。


先ほど紹介したドルフィンスイムツアーなど、大手のツアー会社であれば、日本語スタッフが必ず同行してくれると思います。
あまり日本人向けのツアーではないと、日本語が話せるスタッフがいないツアー会社もあると思います。

必ず、日本語対応OKのツアー会社かどうかを事前に確認してくださいね。

英語が話せない人も、ドルフィン&ユーと私立イルカ中学、名門イルカ大学だったら大丈夫だと思います。

私が体験したドルフィン&ユーであれば、日本語スタッフというよりも日本人のスタッフさんが同行してくれていたので、ドルフィン&ユーはほんとにおすすめです。


クルーさんや船長さんは外国の方で日本語が話せなくても、日本人参加者のために、日本語スタッフが同行してくれているので、ツアーの説明などもそのスタッフから受けることができます。

しかし、ツアーには日本人だけではなく、海外からのお客さんも当然一緒に参加することが多いので、例えば船上でのイルカと泳ぐための説明や、船酔いした時、泳いでいる時に助けてほしい時の合図、ライフジャケットの付け方など、ツアーに参加するための説明などを受けますよね?


そういった時は、英語スタッフが英語でお客さんに説明したあと→日本語スタッフが同じ内容を日本語で説明→次の説明といった感じで、2か国語で説明をしてくれる感じです。
(ドルフィン&ユーの場合)





個人的に何か不安なことやわからないことは、日本語スタッフにしっかり聞けますし、日本語が話せるスタッフが同行してくれるところを選ぶのは、絶対条件だと思います。


また、ドルフィン&ユーの場合は、ツアーにカメラマンさんも同行してくれて、撮影してくれた写真データを購入するこもできます。

なので、イルカを写真に収めたい!って人も写真データを購入できますし、昼食中などみんなで和気あいあいとしている光景もずっと撮影してくれていますよ☆

私は、ドルフィンスイムのために日本で水中デジカメを購入していったんですが、結局写真データも購入しました。笑
どんだけイルカが好きなんだ。笑


あとは、選ぶ基準としてはドルフィンスイムのあとのプログラムが、自分がやりたいものかどうかで選ぶのもいいですね。


では、ここから私の実際の体験談とともに、今回ドルフィンスイムのツアーをお願いした「ドルフィンアンドユー(Dolphins & You)」さんのツアーの1日の流れを紹介していきまーす☆(*´ω`*)


私たち夫婦が「ドルフィンアンドユー(Dolphins & You)」に参加してきました!完全レポート☆


(AM5:15)
まだまだ朝日が登る前の真っ暗な中、ホテルのお部屋にモーニングコールがもらえます。
寝過ごし厳禁ですよ!

朝の5時台に起きることなんて日本でもないので、必死で起きました。笑


(AM5:30)
シェラトンワイキキホテルにお迎えのバスが来てくれます。
どきどき。イルカと泳げるって考えたらもう今からテンションがHighになります。(*´ω`*)笑

日本人のスタッフさんが、各ホテルまで迎えにきてくれました。
いろんなホテルに向かう間、席に座って申込書(日本語)にサインして、ウェットスーツのレンタルの有無を聞かれました。


今日は寒いかもって言われたので、私も旦那さんもレンタルすることに。




(AM7:00くらい)
ホテルにツアーの参加者の人たちをお迎えに行き、そこから1時間ほどバスに揺られます。
オアフ島の西海岸ってところに行きました。





公園みたいな広い港に出て、トイレを済ませて点呼してから、いよいよ船に乗り込みます!


(AM7:10くらい)
船に乗り込む前に、参加者ごとで記念撮影をされます。
眠いしスッピンだし、ちょっとはずかしい。笑





寒い日はやっぱりパーカーとか羽織るものがいりますね。
体をふくタオルも持ってきましょう。


船の上は滑りやすいので裸足になってねと言われ、裸足で船の上へ。
出発しまーす!




船酔いした時のバケツの使い方などを、外人クルーさんが面白く披露してくれて、みんな大笑いでした。
とっても楽しく船の上で過ごします。








船の上では、ハワイの海で安全を祈る「エホマイ(E Ho Mai)」って儀式をします。
歌詞カードと、生花のプルメリアを1人1つずつ渡され、クルーさんに続いて歌います。


















イルカに逢えますようにー!!って心の中で叫びました。
なんていったって、この日はもしかしたら海い出られないかもと言われていたんです、台風アナの影響で。笑

アナよ・・・オアフに近づかないで(T_T)
その影響で海もちょっと荒れてて、天気もいいとは言えません。笑


さて、エホマイのお祈りが終わると、次はクルーさんたちメンバーの紹介が始まりました☆














(AM7:30)
シュノーケルの準備をします!

ライフジャケット、マスクみたいなの、足にフィン、ウェットスーツを着て、イルカと泳ぐ準備をします!
わからないことがあってもすぐに聞けます☆




船長さんとクルーさんたちが、長年の感によってイルカが通るルートのポイントに行き、イルカを見つけてくれます。
もちろん、自然のものなのでいつも必ずイルカい出会えるって保証はどこのツアーもできないんですが・・・。

イルカの群れを見つけると、見失わないようにすぐに海に入らなければいけないので、合図が出る前からササッと準備は完了しておきます。

準備にすっごい時間かけて、もたもたしてるとイルカさんもどっかいっちゃいます。(T_T)


クルーさんたちがイルカを見つけると合図してくれるので、日本人スタッフさんから「みなさん!海に入りますー!」と言われたら、スタッフさんの指示にしたがって海に入ります。

私はいよいよ、イルカと泳ぐためだけに日本で買ってきた水中カメラの出番です。笑






クルーさんにしっかりついていきましょう☆
あんまり自由にフラフラ離れるとイルカは見れないので、クルーさんのすぐ後ろをキープするくらい、ちゃんとついていくのがGOOD。




船はちゃんと近くで待機してくれてるから安心。



イルカが・・・
いたーーーーーー!!!

すごい数です!
子供のイルカもいます!!



もちろん嫁撮影です。やっぱりたかがデジカメの水中カメラはこの画質が限界・・・。
肉眼で見た方がもっと綺麗だったなぁ。






私の水中カメラの写真だけでは申し訳ないので、ドルフィン&ユーのカメラマンさんが撮影された写真を紹介↓


実際はこれくらい綺麗でかわいいイルカでしたよ☆(*´ω`*)


イルカの群れが去ったら、順番に船に戻ります。
船に戻ると、スタッフさんが「イルカがちゃんと見れた人ー?」なんて聞いてくれて、次のイルカのポイントでへ移動します。

次のイルカのポイントでは、さっきのポイントでイルカが見れなかった人を優先的に先に海に入れてあげていました。


(AM8:30)
イルカのポイントを出て、次はウミガメがいるポイントに向かいます。

「運が良かったらウミガメが見られますよ」なんて船の中で言われていると、ポイントに着いた時点で、もうすでにウミガメが海面に顔を出して息継ぎをする姿が!!

イルカもウミガメも触ったり追いかけたりしてはいけないので、ちょっと離れたところで見守ります。


ウミガメは、この日2頭も見られたので、とってもラッキーでした☆
ウミガメ・・・かわいい。笑

1時間ほど、このポイントでシュノーケリングを楽しみます。


私のデジカメは充電が切れてしまったので、ドルフィン&ユーのカメラマンさんが過去に撮影した写真を紹介↓



私が撮ったイルカの写真よりも全然綺麗ですね。笑
海の中は、こんな感じ↑で青く透き通ってて、ウミガメもはっきりくっきり見れましたよ☆


(AM9:30)
ランチは、船長が作っておいてくれた特製チーズハンバーガーを食べました☆
これがもうめっちゃ美味しかったんです!!

船の上では、ランチのハンバーガーの他にパイナップルやチップのスナックももらえて、なんだか至れり尽くせりなツアー!




みんな、もりもり食べてました。笑


(AM10:00)
ランチのあと港い戻る間、クルーの人たちがフラダンスを披露してくれます☆
とっても上手で、見とれてしまいますよー☆(*´艸`*)

お客さんも手をひかれて、一緒に踊ります。はずかしがらずに参加しましょう。笑

なんだかもうクルーさんも他の参加者の人も、みんな友達のように仲良くなってました☆


港いついたら、クルーさんや船長さんとはここでお別れ!






ツアーに満足したよ!って時はチップを置いて行きましょう。
ドルフィン&ユーでのチップに関しての体験談はこちらハワイでのチップの正しい支払い方、いつ渡すか、相場の金額は?「ホテル、タクシー、ツアー」で解説しています。


(AM11:00)
港に戻ると、次は本格的なフラ・レッスンです!
パレオみたいなものを貸してくれるので、みんなそれぞれ好きな柄を選んで、花輪もつけてくれます。

本物のクムフラ(フラの先生のこと)からフラダンスを学べますし、ウクレレも弾いてもらえますので、ここでもハワイを満喫できるんですよー☆






ウクレレのおじさんと仲良くなり、思いつく限りの英語でおしゃべりしました。
あんまり英語は話せないけど、それなりにジェスチャーとかで言葉をわかろうとしてくれるので、楽しかったです☆



みんなでフラを練習したら、記念撮影をして帰りのバスに乗りますー!


(AM12:00)
帰りのバスの中では、番号が書かれた紙が回ってくるので、カメラマンをしてくれた美女(名前は忘れたwごめんなさい)が、思いついた数字を言い、その番号の人には今日撮影された写真データのオリジナルUSBがもらえるってミニイベントをやってくれました。

私は当たりませんでしたが、おまけでもう1人、オリジナルCDのプレゼントがあるって言われて、見事私の番号が当たりましたー☆(*´艸`*)

綺麗なお姉さん、ありがとうございます!頂いたCDは今もなお大切にしています!


でもドルフィン&ユーのオリジナルのUSBも欲しかったので、購入を申し込む紙にサインして、ホテルに着くのを待ちます。

さっきのフラをした港からワイキキまでは、行きと同じ1時間くらいです。


帰りのバスの中では、私も旦那さんも爆睡。笑

一番前の席に座ってたので、「次はシェラトンワイキキですよー」と日本人スタッフさんが教えてくれました。
夫婦揃ってガンガンにあくびしてたので、「眠いですよね。笑 この後はどこかに行かれるんですか?」と話しかけてくれました。笑

行き先も決まってなくて、どこに何があるかもわからないけど、ショッピングがしたいって伝えると、アラモアナは行った?ワイケレは?ドンキもありますよーなんて、いろいろ教えてくれました☆


日本人スタッフの方はとっても親切にしてくれましたし、仲良くなれました!


ドルフィン&ユーの写真データのUSBは、オフィスまで取りに行きます!


私も購入した、ドルフィン&ユーのUSBデータは、購入したい人は数時間後以降にオフィスまで買いに行くことができます☆

ワイキキのDFSからも近いので、行ってみました。

ちょっとわかりにくいので地図を載せておきます。↓




カラカウア通りのロイヤルハワイアン・センターや、ワイキキショッピングプラザらへんを、ルイヴィトンのお店(レワーズストリート方面)のほうに歩きます。
ルイヴィトンの交差点を、ワイキキビーチとは真逆方面のクヒオ通りのほうへ歩きます。

すると、牛角のお店が右手に見えてくるので、それと同じビルにあります。




オフィスには日本人のスタッフさんがいて、Tシャツなどのオリジナルグッズも販売されていました。

この日は天気がとっても悪かったですが、スタッフさんは笑顔で迎えてくれました☆

こうしてGETしたUSBがこちら↓



めっちゃ可愛くないですかー?☆(*^_^*)
ドルフィン&ユーのオリジナルとだけあって、ほんとかわいいんですよー。イルカ好きにはたまらない。笑

これもいいハワイの思い出になりますよね☆


すっかりドルフィン&ユーのファンになった私たち夫婦


日本人スタッフのIZUMIさん、そしてクルーさんと船長さん、フラ・レッスンの方々、本当にありがとうございました!!
とっても楽しいツアーでした☆

イルカもバッチリ見られて、こんなに楽しいツアーは初めてでした☆


私たち夫婦は、もうドルフィン&ユーのファンです!
次ハワイに行くときも、必ずまた会いにきます☆(*^_^*)

ドルフィン&ユーのスタッのみなさま、そのときまで待っててくださいね!
マハロー!


ドルフィン&ユーは、本当にツアー参加者が楽しめるイベントばかりで、日本人スタッフの方もいるので、ほんとに安心して参加できます!

とっても楽しめたので、ドルフィンスイムをハワイでするなら、絶対にドルフィン&ユーがオススメです☆


<<前の記事「【私の口コミ大公開】ハワイのウェディング・ハネムーン(新婚旅行)におすすめ!写真のみ「ビーチフォトプラン」」へ
>>次の記事「ハワイの綺麗なビーチ・海で泳ぎたい(シュノーケルなど)!ハナウマ湾やワイキキビーチなどのおすすめビーチマップ」へ


●関連記事
ハワイで結婚式(挙式)をしたい!費用(予算)の相場/格安ウェディングは?
ハワイを満喫できる旅行日数(滞在日数)は?3泊5日、4泊6日?何日必要?宿泊数と観光・ツアー
ハワイ旅行は、JTBとHISはどっちがいい?旅行会社別の特徴・選び方・比較(メリット&デメリット)



↓ハワイ旅行前に作っておくと安全・便利





↓ハワイでスマホ使いたい方へ






ハワイ旅行前にまずチェック!

 

シーズン別ハワイ旅行講座☆

 

ハワイでの通貨とチップのお話

 

「はじめてのハワイ旅行」体験談

 

はじめての海外旅行講座

 

ハワイでスマホ・ネットしたい!

 

ハワイへ新婚旅行&結婚式

 

人気のオプショナルツアー

 

オアフ島から行ける島のツアー!

 

ハワイのお勧めホテル徹底解剖

 

ハワイのおすすめレストラン

 

ハワイの3大ステーキ有名店

 

ハワイの買い物・お土産

 

番外編