はじめての海外旅行講座

還暦や結婚記念日など「ハワイ旅行を両親にプレゼントしたい!」シニアにおすすめホテルや観光は?サプライズなら旅行券やカタログギフト!

まるで絵に書いたようなハワイの青い海と空は、芸能人の間でもファンが多く、お正月にハワイに行く芸能人などをニュースでもよく見かけますよね。


「一度でいいからハワイに行ってみたいわ」と、誰もが憧れを持つハワイ♪


日頃はあまり親孝行が出来ていないからこういう時くらい!と、ご両親の還暦や結婚記念日、退職のお祝いなどの機会に、感謝の気持ちを込めて両親にハワイ旅行をプレゼントしたいと考える人も多いのではないでしょうか?



そこでこのページでは、ご両親にハワイ旅行をプレゼントしたい人のために、旅行のプレゼントの方法にはどんなものがあるか?や、年配の方向けのおすすめホテル、観光地などをご紹介していきます!




感謝の気持ちを両親に!旅行のプレゼントの方法は?


まず最初に、旅行ツアーのプレゼントの方法は、どんなものがあるのかをまとめてみました!


(1)一緒にプランを申し込む場合
これは旅行のプレゼントがサプライズではない場合に限りますが、JTBやHISなど各旅行会社カウンターやインターネットなどで、両親と一緒に相談しながらツアープランを立てながら決める方法です。


両親の希望を聞きながら、好きなプランを申し込んであげればいいので、両親の好みがわからない場合でも、どれがいいかな?と迷うこともないですね。


若い時とは違って、本人の体力的な部分もかなり関係してくると思うので、過密なスケジュールにならないよう、配慮してあげましょう。


旅行日数の決め方はこちらのページ3泊5日?4泊6日?ハワイ旅行を満喫できる旅行日数(滞在日数)は?、旅行会社の特徴などはこちらハワイ旅行するならJTB?HIS?旅行会社別の特徴・選び方・比較(メリット&デメリット)を参考にしてください。




(2)旅行券やカタログギフト
サプライズでプレゼントしたい場合や、ある程度の予算内で両親が好きな旅行を自分たちで決めてもらいたい場合には、「旅行券」や「旅行カタログギフト」もオススメ。



●JTBの場合
JTB旅行券には、ナイストリップやカード型旅行券のトラベルギフトなどがあります。


ナイストリップは千円、5千円、1万円のタイプがあり、券面にオリジナルメッセージがプリント出来るもので、トラベルギフトは贈る金額を自由に設定できて、写真などをオリジナルデザインにして贈ることが出来るもので、インターネットからでも購入できます。


JTBハーモニフトというカタログギフトもありますが、こちらはハワイ旅行が載っていません。


●HISの場合
HIS(エイチアイエス)の旅行券にはSKYというものがあり、こちらは国内の営業所にて購入できます。


●近畿日本ツーリスト
近畿日本ツーリスト旅行券には、1000円、5000円、10000円のものがあり、インターネットや店舗から購入できます。


利用するときには、店舗にて国内や海外旅行などのツアーや航空券、宿泊などの支払いに使えます。


その他近ツーには体験ギフトやベストセレクションなどがありますが、日本国内のみで使用出来るものとなっています。


旅行券などは、各旅行会社ごとで異なるので、購入した旅行会社のツアーのみ利用できます。


基本的には旅行先の現地で使うのではなく、旅行の申し込みの支払いのときに使うもので、イメージとしては贈りたい金額分の旅行券を両親にプレゼントし、両親にツアーカウンターなどでツアーを申し込んできてもらう、という感じでしょうか。




両親に喜んでもらえる!シニアにオススメのホテル選び


両親へのハワイ旅行のプレゼントでは、ホテル選びも重要です。
買い物をいろいろとして楽しみたいのか、自然の中でゆったりとくつろいで過ごしたいのかによって、ホテルの選び方や立地は変わってきますね。


例えばホテルの眺望についても、基本的には外に観光に行く時間が長い両親であれば、お部屋からの眺めにはこだわらないで、オーシャンビューではないお部屋にしてその分予算を他にまわしたり、あるいはお部屋の中でのんびり景色を眺めながら過ごす日が多いスケジュールにするのであれば、眺望にこだわってあげるのもいいでしょう。


両親の年齢が50代や60代くらいなら、夫婦2人で積極的に観光スポットをめぐることもあるでしょうが、年齢や体調によってはホテルでまったり過ごす時間が多くなる場合、ホテル内やホテル周辺に飲食店やロミロミなどマッサージなどの各種サービスが揃っていると、喜んでもらえそうですね。



私が宿泊したシェラトンワイキキは、ホテルのプールサイドにビーチにも繋がっているバーがあって、そこは夜になると音楽の生演奏を聞きながらお酒を飲みつつ海を眺めつつ夕食が食べられたので、夜出歩かなくてもホテルにいながらハワイ気分が満喫できて良かったです。


お酒好きなご両親には嬉しいかもしれませんね。


ただやはり大切になるのは、日本語対応ができるホテルなのかどうかという部分でしょう。
これは初めてハワイに行く人の場合のホテル選びでも同じことが言えます。




また、宿泊するホテル内またはそのホテルからすぐの場所に、旅行会社のツアーデスクなどがあると、英語が話せなかったり旅行慣れしていない年配の方でも安心してハワイに滞在出来ると思います。


ホテルの選び方については、こちらのページハワイの宿泊先ホテルの選び方!オーシャンビューなどの部屋の眺望の意味、ホテルのランクを参考にしてみてください。



両親にハワイをめいっぱい楽しんでもらおう!年配向けのオススメの観光スポットは?


旅行というのは、やはりいろいろとアクティブに観光したい派のシニア層と、まったり時間にゆとりをもって過ごしたいシニア層の方がいますね。


もちろんご両親が行きたい場所をチョイスしてプランを立ててあげるのが大前提ですが、ハワイが初めてのご両親だと行き先の情報や交通手段など、全くわからない方も多いと思うので、ある程度好みを把握しておいてアドバイスをしてあげられるといいですね。


ハワイに着いたら、自分で好きな場所を好きなように巡る終日フリーか、あるいは旅行会社などであらかじめオプショナルツアーなどを申し込んだりする方法があります。


オプショナルツアーなどは、現地のホテルなどでも空きがあれば受け付けていることがありますよ。


オプショナルツアーには、オアフ島の人気観光スポットを1日かけてまわるものや、ディナー付きのクルーズなどさまざまなものがあります。
詳しくはこちらのページ人気のオプショナルツアーへ。


ここでは、シニアの方にも人気な観光スポットを紹介します。




●ワイキキビーチ
ワイキキビーチは、海に入らずともビーチを歩いているだけでもハワイの雰囲気やロケーションを抜群に感じられるスポットです。


ワイキキビーチの近くにはレストランやショッピングセンターなどが多く立ち並ぶので、このエリアだけで遊びつくせてしまえる、立地条件がいいのもオススメポイント。


バスやタクシーなどで移動したりするのはちょっと不安...という方にもいいですね。


ワイキキビーチ周辺で観光などを済ませたい場合は、宿泊するホテルもワイキキ中心部にしてあげたほうがいいと思います。



●イオラニ宮殿
イオラニ宮殿は、アメリカに存在する唯一の宮殿で、19世紀にハワイ王国を建国したカメハメハ大王の像とともに人気の写真撮影スポットになっています。


外観が美しいのはもちろんのことなんですが、日本語ガイド付きで宮殿の中が見学出来るグランドツアーも行われており、まるで映画やドラマの世界のような空間を、肌で感じることができます。


この日本語ガイド付きのグランドツアーは、1日1買い20名限定となっているので、早めの申し込みをおすすめします!




●タンタラスの丘
タンタラスの丘などはハワイを一望出来るとして有名でとっても人気があり、ツアーに申し込んだ場合、絶景が見られる場所まで車で行けるので、足腰が弱い方や体力に自信がない高齢の方でも安心だと思います。


ただ、同じくハワイの絶景が見られる観光スポットとして有名なダイヤモンドヘッドの場合は、頂上までは自力で登る必要があるので、体力的に心配な方は注意が必要です。


タンタラスの丘へはオプショナルツアーなどもありますよ。




両親だけハワイ旅行に行く場合に気をつけること


ハワイでは、日本とはちょっと違ったルールや法律がいくつかあるので、注意したほうがいいでしょう。


それに関してはこちらのページハワイ旅行で気をつけて!ハワイの飲酒の法律、治安/やってはいけない子連れのマナーでお話しています。


また食事については、アメリカンなスタイルの料理だけではなく、日本食料理店も多くていろいろなジャンルのレストランがあるので、ハワイでも食事に困ることはないと思います。


ただ夜の外食時など、ワイキキだからといってにぎやかな雰囲気にまかせて出歩いていると、ワイキキ内でもアラモアナ方面などは人通りが少なく、治安が心配な地域もあるので、注意が必要です。


買い物やお出かけはバスが動いている時間までに済ませたり、夜出歩く場合には人通りが多い大通りを歩くようにしたりしましょう。



また、ちょっと年配の方だと、「これぐらい大丈夫よ!」という認識が多いような気がします。(うちの親がそうです...)


例えば、トイレに行く間に席に荷物を置きっぱなしにしたり、少しの時間だけ買い物をするだけだからと、カートにカバンを入れたままショッピング中に目を離したり、レンタカーに車外からカバンが丸見えの状態で車を離れたり...。


年配の方は特に日本の平和慣れしすぎていて、警戒心がなさすぎます(;・∀・)
周りの人の目があるから大丈夫とか、店員さんの目があるから大丈夫とか、そういうことは海外ではなんの役にもたちません。


昼夜問わず、日本の常識は海外では通用しないんです!


これに関しては私がハワイで事件に巻き込まれてしまったので、貴重品の管理などに関しては本当に注意してもらいたいです。


こちらのページハワイで私に起きた事件!「キャッシュパスポート」持ってくべきだった・・・でお話していますが、私はただカバンをホテルのプールサイドのロッカーに入れに行っただけなのに、カバンを持っているところを誰かに見られ、真っ昼間にも関わらず、ホテルのロッカーにも関わらず、ロッカー荒らしに遭ってしまいました。


シェラトンワイキキはすごく治安も良くてホテル側には一切落ち度はなく、スタッフの方の対応もすごく良かったのでホテルは全く悪くないんですが(;・∀・)
完全に運が悪かったというか、お金を持っていそうな日本人に見えたのか...。




つまり、管理が行き届いている高級ホテルでさえ、まっ昼間でさえ、事件に巻き込まれる可能性はいくらでもあるということです。


ご両親へのせっかくのハワイ旅行プレゼントが、嫌な思い出になってしまわないよう、貴重品の管理には気をつけてくださいね!


50代や60代、70代など年配の方の旅行で、ドルの種類や支払いが不安だったりお金の管理が心配な人は、現金ではなくクレジットカードを使うという手もありかもしれませんね。


こちらのページハワイ旅行でのお金の支払いは現金派?クレジットカード派?も参考にどうぞ!






↓ハワイ旅行前に作っておくと安全・便利





↓ハワイでスマホ使いたい方へ






ハワイ旅行前にまずチェック!

 

シーズン別ハワイ旅行講座☆

 

ハワイでの通貨とチップのお話

 

「はじめてのハワイ旅行」体験談

 

はじめての海外旅行講座

 

ハワイでスマホ・ネットしたい!

 

ハワイへ新婚旅行&結婚式

 

人気のオプショナルツアー

 

オアフ島から行ける島のツアー!

 

ハワイのお勧めホテル徹底解剖

 

ハワイのおすすめレストラン

 

ハワイの3大ステーキ有名店

 

ハワイの買い物・お土産

 

番外編