「はじめてのハワイ旅行」体験談

ハワイで私に起きた事件!「キャッシュパスポート」持ってくべきだった・・・

これはハワイ旅行中に、実際に私たち夫婦に起きた事件についてのお話です。

このページを読んでいる皆さんが、私たちのこの体験談を参考にしてもらうことで、同じような事件に巻き込まれることがないように、気をつけてもらいたいと思います。

私たち夫婦が、「ハワイで現金を持ち歩くもんじゃない・・・。キャッシュパスポートを利用すれば良かった・・・」と、心から後悔した1日になりました。

>>お財布のような海外専用プリペイド!「キャッシュパスポート/マスター」<<




ハワイ旅行に行く前に、このキャッシュパスポートを知っていれば良かったと思います・・・。
この先でキャッシュパスポートについても紹介していますので、参考にしてください。

では、この事件が起きた日のことを詳しくお話していきますね。


事件は、ハワイ滞在2日目に起きた


これは、私たちが新婚旅行でハワイに訪れて2日目のことでした。

ハワイ滞在2日目は、ハネムーン(ウェディング)用のオプショナルツアー、「ビーチフォト」を日本で申し込んでいたので、朝から14時くらいまではデュークカハナモクビーチへ行ってました☆


ちなみにビーチフォトの体験レポートはこちら【私の口コミ大公開】ハワイのウェディング・ハネムーン(新婚旅行)におすすめ!写真のみ「ビーチフォトプラン」


そのビーチフォトが終わり、宿泊している「シェラトンワイキキホテル」に戻ってきて、夜まではまだまだ時間があったので、シェラトンの目の前のワイキキビーチに泳ぎに行くことに(*^_^*)


ハワイに来てから初の海水浴でしたし、ABCストアで購入したハワイ柄のショーパンを履いて、もう完全に浮かれていたわけです。


自分のキャリーバッグから水着を出して着替えてたんですが、荷物になりそうだからって、浮き輪などは一切持ってきていませんでした。

シェラトンの1階にはローソンが入っていたので、「海で遊んでて欲しくなったら、ローソンで買えばいっか」ということで、ちょうどシェラトンのプール近くにあった、ホテルのコインロッカーを使用することに。


このとき、ハワイで持ち歩く用のお財布には日本円でいうと8万円分くらいがドルで入ってました。

入ってたお金の一部だけを持って行こうかとも思ったんですが、浮き輪以外にシュノーケルセットもほしいって旦那さんが言い出したりしてたし、インフィニティ・エッジ・プール横のエッジ・オブ・ワイキキでカクテルとか欲しくなるかもしれないし・・・まぁいいや!ってことで8万円ほど入った財布まるごと持っていくことにしました。


シェラトンは、インフィニティ・エッジ・プールやエッジ・オブ・ワイキキがある場所から、目の前のワイキキビーチに降りられるようになっています。

で、コインロッカーはシェラトンのローソンあたりから、インフィニティ・エッジ・プールの方面に歩き、プールに出る前に右手にあるパパス・ピザやカイ・マーケットの方に歩くと、トイレがあるんですが、そのトイレの脇にあります。



このコインロッカーの場所は、プールやビーチの方からトイレに行き来する人の数も結構多くて、こんだけ人通りが多ければ防犯的には大丈夫でしょ!ってことでシェラトンのこのコインロッカーを使うことに。

ちなみにシェラトンワイキキの紹介ページはこちら「シェラトン・ワイキキ・ホテル」私が宿泊した体験談や部屋からの眺めのクチコミを公開中!


なんですが、コインロッカーに入れるときになって、水中で使えるデジカメを部屋に忘れたことに気付き、コインロッカー付近に旦那さんを待たせ、「ちょっと待ってて、急いで取ってくるから」と私は部屋にデジカメを取りに戻りました。

部屋にデジカメを取りにいき、やっとお財布やらタオルやら上着やらをコインロッカーに入れて、しっかり鍵をかけてビーチの方に歩いて行ったんです。


コインロッカーとかカイ・マーケットのあたりから、ビーチまでは2分くらいで行けちゃうほど、とってもビーチから近いんです。




事件前の楽しそうな旦那さん。
はしゃいでますねー。

見ての通り、事件はこんなまだ明るいお昼の時間に起きたんです。


どうですかねー、30分くらい海で遊んでると、旦那さんが「やっぱり俺、シュノーケルつけてもっと深いとこ行きたい」って言い出したので、一度海から出てローソンに行き・・・。


コインロッカーに戻ると、なんと私たちが財布を入れてたコインロッカーが、こんなことに。




コインロッカーの扉側についている鉄板は、完全にめくり上げられ、グニャリと曲げられています。
鍵の差し込み口の金具も、こじ開けたようにグラついています。

素手でこんなことできないと思うので、バールか何か道具を使ったんですかね。


私たちは、コインロッカーを探すのにお財布を手に持ったまま歩いたり、デジカメを持ってくるのを忘れて通路のところをフラついてたりしたので、はたから見たら、「あの日本人観光客、財布持ってんなー、水着だし海行くならロッカーにお金入れそうだな」とか思われていたのかもしれません。

ましてや、その後コインロッカーの方から手ぶらで出て来たところを目撃されれば、完全にロッカーの中に貴重品を入れたって、わかっちゃいますよね。


コインロッカーは、ぐにゃりと曲がった隙間から中が見えている状態でした。

まじかー!!!と驚きを隠せませんでした。


シェラトンワイキキホテルの人を呼びに行く


とりあえず、もう鍵刺さりそうにもないし、手で触ったりしない方がいいなーってことで、「私ここにいるから、フロント行って日本人スタッフとか連れてきて」と旦那さんにフロントまで行ってもらいました。

旦那さんを待っている間にコインロッカーをまじまじを見ていると、どうやらロッカーの鍵の差込口側からロッカーの扉のほうへ突き出ている、鉄板のバーのようなものが、ドーンと立ちはだかっているではありませんか。(゜レ゜)

これはもしかしたら、もしかするかも!


旦那さんがフロントに日本人スタッフを呼びに行くと、日本語専用カウンターの女性と、何やら強面の外人のお兄さんとともにすぐにロッカーまで来てくれました。

日本人女性スタッフに状況を話すと、その日本人のスタッフさんが強面の外人スタッフさんに通訳して話していました。

コインロッカーに入れた時間や、どれくらいして戻ってきたのか、何時頃気づいたか、中に何を入れているかなどをいろいろ聞かれました。

私が、日本人スタッフの女性に、「これって、このバーが邪魔で結局開いてない気がするんですが」というと、日本人スタッフさんがそのまま外人スタッフさんに英語で聞いてくれて、外人スタッフさんは、うーん・・・どうですかねーって顔をしてました。(´・ω・`)


ちょっとの時間、その外人スタッフさんがロッカーをガチャガチャして、開かないって判断したのか、防犯課の人を呼ぶと言われました。

防犯課の人もすぐに来てくれて、鉄のような道具でロッカーをガチャガチャしてくれ、やっと開いたときには「おー!」って言っちゃいました。(^_^;)


扉側の鉄板はぐにゃりと曲げられても、鍵穴の方から出てる鉄のバーが、最後の砦となってくれたみたい。



鉄さえ曲げられてるのに、ロッカーすごい・・・。
そしてすぐに対応してくれたシェラトンワイキキのスタッフの皆様、ありがとうございます。


ロッカーの扉を開けて、「中を確認してください。なくなっているものはないですか?」と言われたので、ドキドキしながら確認したところ、お金も全部ちゃんと無事でした。

「Thank you!」とお礼を言って防犯課の方たちと握手し、ホテルでレポートを出さなきゃいけないから、名前や住所を教えてほしいと言われ、少し話してからコインロッカーを後にしました。


海外には変わりないハワイ、それを思い知ったこの日


結局のところ、最後の砦となった鉄のバーのおかげで、何1つ盗難されてはいなかったものの、ハワイとは言えど、海外には変わりないんだなーと痛感しました。

財布やショルダーバッグを持ったままプールやビーチ付近をウロウロしていれば、「私お金持ち歩いてますよ!」とアピールしているようなものだし、コインロッカーの付近をウロチョロしてれば、「今から入れます!」って言ってるようなものです。


日本人の感覚だと、「ホテルのロッカーなんだから間違いない」とか、「昼間からロッカー壊す奴なんていないでしょ」って思ってしまうのが本音なんですが、日本人の甘い考えは、ハワイでは捨てなきゃいけないと思いました。

あんなに鉄が曲がってるのに、シェラトンワイキキのコインロッカーは結局のところこじ開けられてはいないし、この器物損害といいますか盗難未遂事件といいますか、この事件が起きてすぐに日本人のスタッフの方をはじめ、防犯課の方などがすぐに対応してくれたことは、とってもありがたかったです。

とんだハワイ知らずな夫婦が、お世話おかけしました(´・ω・`)


やっぱり、海外は何があるかわからないので、ホテルに日本語専用カウンターがあるのとか、日本語スタッフが常駐してくれているのは、ほんと安心です。

ホテルの選び方については、こちらも参考にハワイの宿泊先ホテルの選び方!オーシャンビューなどの部屋の眺望の意味、ホテルのランクどうぞ。


まさか、昼間からロッカーがこじ開けられそうな事件が起きるなんて、度肝を抜かれましたが、現金を持ち歩くのって、結構危ないと思います(T_T)

たまたま私たちの場合は、運良く(?)盗難未遂で終わりましたが、とっても楽しいリゾート地ハワイだけど、あくまでも海外だってことを忘れてはいけませんね。


こんな事件を目の当たりにした私たち夫婦が思うことは、現金は持ち歩くもんじゃない!(^_^;)ってことです。


それに、結果的に何も取られなかったとはいえ、旅行の大切な時間をかなり無駄にしたということに変わりありません。


被害発見から事件終了まで、かなり時間をロスしました。盗難未遂に遭わなければ、その分もっとビーチで遊んだり出来ましたからね・・・。

何も取られなかったのは良かったものの、本来ならばこんな事件には巻き込まれたくはないですよね。

そこでお勧めなのが、「キャッシュパスポート」です。↓

>>お財布のような海外専用プリペイド!「キャッシュパスポート/マスター」<<




お財布のような海外専用プリペイド!「キャッシュパスポート/マスター」


私に実際起きた事件のようにならないためにも、ハワイ旅行には「キャッシュパスポート」を持って行くのはどうですか?

●キャッシュパスポートって何?
キャシュパスポートとは、プリペイドタイプのトラベルカードのことで、日本円、米ドル、ユーロ、英ボンド、豪ドル、NZドル、カナダドルの中から好きな通貨をカードにチャージして使うことができます。

チャージは、ATMやインターネットバンキングから行えて、旅行先で両替の必要もありません。
旅行先で、両替所を探したいりするのはちょっと面倒ですし、両替にかかる手数料などの心配もありませんよね。

キャッシュパスポートは、海外旅行のお財布がわりとしてだけではなく、海外留学や海外出張の時にもよく利用されています。
日本にいる家族からキャッシュパスポートの講座に振り込むだけで、カードへのチャージができますし、お金の管理もしやすいです。

なんといっても、こちらのキャッシュパスポートは、「MasterCard(マスターカード)」のキャッシュパスポートなので、とっても信頼できます。

世界中のマスターカードの加盟店での買い物、そして加盟店であればキャッシュレス決済もできますし、マスターカード対応のATMで現地通貨が引き出せます。


●キャッシュパスポートが、旅行にオススメな理由
キャッシュパスポートは、ただのカードではなくICチップと暗証番号で管理できるので、もし旅行先で盗難された時や紛失したときのためにも、かなり安心できますよね。

スペアカードも付いてきますし、紛失したときにも困りませんね。
もしものときには、"トラブルも緊急アシスタンスサービス"を利用することができます。


またプリペイドタイプのため、旅行中に大金を持ち歩く必要もないため現金を持っているよりも安全ですし、使いすぎてしまったりする心配もありません。

これなら、ハワイのドル紙幣や硬貨をジャラジャラと大量に持ち歩き、「あの日本人、現金持ってるな」とも思われにくいと思います。


旅行の出発までそれほど時間がない人も、キャッシュパスポートはプリペイドタイプのカードのため、特別な審査もなく、銀行口座も不要で、年齢制限もありません。

最短でスピード発行がしてもらえるなんて、急いでる方にもいいですよね。


キャッシュパスポートは、複数の国の通貨をカードにチャージしておくことができるので、複数の国を旅行する方も、このカード1つで済んでしまいます。


●ハワイ旅行で使うと、キャッシュパスポートはお得なの?
キャッシュパスポートは、(1)どの国の通貨なのか、そして(2)レートによって、結局のところどの程度お得なのかが変わってきます。

正直な話、ハワイで使われる米ドル(USD)の場合、現金両替との差額日本円額は、ほぼ同等だそうです。


お得かどうかと言ったらそれほど変わりないかもしれません。
ですが、先ほどお話したように、防犯面での安全性を考えたときに、現金よりもキャッシュパスポートの方がオススメなんです。

私のようにならないためにも、現金の持ち歩きは危険ですからね( ̄ε ̄;)


●Tポイント付きキャッシュパスポートって何?
キャッシュパスポートは、海外で使うと200円ごとに「Tポイント」が1ポイント貯まります!
貯まったTポイントは、日本のファミリーマートやTSUTAYAなどで利用できます。

通常のキャッシュパスポートと機能は変わらないのに、Tポイントが貯まるなんてとってもお得ですよね。


●キャッシュパスポートの申し込みの仕方
まずは、こちらのマスターカードのキャッシュパスポートの公式サイトより、カードの申し込みをします。

その後、1週間程度でカードが発行してもらえますので、本人確認書類を用意し、カードの受け取りをします。

キャッシュパスポートの専用の講座に、必要な分だけ入金をしておきます。
その後、自分専用のWEBサイトにはアカウントを作成、カードの管理していきます。

あとは旅行中にキャッシュパスポートを大活躍させ、チャージしておいた分の残高が足りなくなってきたら、またチャージをするだけです。


難しい手続きではないですし、キャッシュパスポートを使ってみたいという人は、このマスターカードのキャッシュパスポートがお勧めです☆(*´∀`*)


>>お財布のような海外専用プリペイド!「キャッシュパスポート/マスター」<<






<<前の記事「ハワイ旅行のために、ドルへ外資両替するならどこがおすすめ?」へ
>>次の記事「ハワイ旅行で「機内持ち込み」のバッグ、液体、食べ物のサイズと量!化粧品やお菓子は?」へ


●関連記事
ハワイでのタバコの喫煙所は?どこで吸える?法律は?
ハワイ旅行で気をつけて!ハワイの飲酒の法律、治安/やってはいけない子連れのマナー
ハワイで日本語が通じる警察は?救急車は?急病になった時の日本人向け病院は?連絡先一覧



↓ハワイ旅行前に作っておくと安全・便利





↓ハワイでスマホ使いたい方へ






ハワイ旅行前にまずチェック!

 

シーズン別ハワイ旅行講座☆

 

ハワイでの通貨とチップのお話

 

「はじめてのハワイ旅行」体験談

 

はじめての海外旅行講座

 

ハワイでスマホ・ネットしたい!

 

ハワイへ新婚旅行&結婚式

 

人気のオプショナルツアー

 

オアフ島から行ける島のツアー!

 

ハワイのお勧めホテル徹底解剖

 

ハワイのおすすめレストラン

 

ハワイの3大ステーキ有名店

 

ハワイの買い物・お土産

 

番外編