「はじめてのハワイ旅行」体験談

ハワイ旅行で気をつけて!ハワイの飲酒の法律、治安/やってはいけない子連れのマナー

このページでは、ハワイ旅行中に気をつけてほしいこと、注意するべきことをはじめ、トラブルに巻き込まれないためにやってはいけないこと、そしてハワイの法律、マナーなどについてお話します。

このページをしっかり読んで、ハワイ旅行を思いっきり楽しみましょ☆(`・ω・´)


ハワイのトイレ


●トイレの造りが日本人には衝撃的
私がハワイのホノルル空港に降り立って一番最初に思ったことは、「トイレが・・・オープンすぎるでしょ!!笑」ってこと。( ̄▽ ̄;)

飛行機でホノルル空港に着いてから、税関などを通る前にどうしてもトイレに行きたくて、「海外で初めてトイレに行くなー」なんて思っていると、なんとトイレの個室の足元が丸見え。笑

はじめは、まぢか!ここでするの?!と内心めっちゃ焦りましたが、みんな普通に使ってたのでとりあえずは入ることに。


ホノルル空港のトイレの個室には、便座に敷く紙のシートみたいな日本と同じようなものが壁につけられていて、それをたんと敷き、いざ便座に座ってみると、なんとまぁヒザくらいまでの高さが開いているので、外からも横の個室からも見えちゃう。笑

これって個室って言えないでしょー!と叫びたくなりましたが、ソワソワして落ち着かないままとにかく済ませました。

もしかして、トイレがこんなに開放的(良く言えば。笑)なのは、ホノルル空港だけなのかなとも思いましたが、ハワイは基本的にどのトイレもオープンすぎるのが普通だそうです。( ̄▽ ̄;)

もうほんと全然落ち着けなくて、私はほとんどホテルの部屋のトイレだけ使ってました。笑


このホテルの部屋のトイレも、ちょとどうかと思うトイレで、ユニットバスだったんですけど、このユニットバスの入口のドアには鍵があるくせに、トイレ側のすぐ横の壁が出窓みたいになっていて、そこを開けると、トイレに座っている姿どころかユニットバスが一望出来ました。笑

出窓にも鍵がついてるものの、木枠の隙間からちょっと中が見れちゃうので、これは新婚さんとかカップルには恥ずかしいでしょ!と思いました。笑

もちろん、ハワイの全てのホテル・全ての部屋の作りがこうなっているわけではないと思います。


まぁ話を戻しますが、ハワイのトイレの足元が床から30センチくらい(ヒザ辺り)まで開いて、さらに実はドアの上の方も開いて開放的になっているのは、犯罪が起きやすいトイレで、密室状態を作らないようにするためなんだそうです。(`・ω・´)

ハワイだけではなくアメリカ全土でこうなってるそうなんですが、ちゃんと意味があったんですね。


●使うトイレの場所を考える
ハワイでは街中にトイレが全然ありません。
なので、観光しているときにトイレに行きたくなったら、ホテルかDFSなどのショッピングセンター内のトイレを利用しましょう。

人通りが少ない通りの公園や地域では、トイレの使用は控えた方がいいです。
犯罪に巻き込まれないためにも、ショッピングセンターやホテルなど人通りの多い場所のトイレを使うようにしましょう。

また、トイレに子供を1人で行かせるのは絶対にやめてください。
女の子には母親が、男の子には父親がトイレまでついていくか、親が中まで一緒に行けるトイレにしましょう。


ハワイのトイレは、それほど汚いってこともないですが、日本と比べると日本のトイレの方がキレイですね。
ウォシュレットなどはついていませんが、ショッピングセンターのトイレなどでも便座に敷く紙シートくらいはついているトイレもあります。

ハワイのオプショナルツアーなどで、ワイキキから離れてオアフ島の端っこの方の海まで行く場合など、昼間にツアー中寄ってくれたトイレが公園のトイレだったりするんですが、そういったときはトイレットペーパーがない、またはそれほど綺麗ではなかったりするので、オプショナルツアーに参加する場合、ポケットティッシュを持っていくと便利だと思います。


ハワイには自販機がない


あんまり他の情報サイトには書かれていないのですが、ハワイには自販機がありません。

日本人の感覚だと、道や街に自販機がポンとあるのは当たり前のことだったので、ハワイに着いてから、「なんか自販機見かけないなー」と思っていたところ、たまたまウェディングのビーチフォトのオプショナルツアーの衣装を試着中に、旦那さんと「喉渇いたからなんか買ってきてよー。ABCストアか自販機、その辺にないかな?」と話してたら、衣装屋さんの日本人スタッフの方が、「ハワイには自販機はないんですよー。」と言われました。

理由を尋ねると、犯罪防止や安全のために、設置されていないんだそうです。
さすがアメリカですねー。日本とは感覚が違います(`・ω・´)


ということで、ハワイには自販機が一切ないため、外出中に飲み物が買いたくなったら、ABCストアなどのコンビニでしか買うことが出来ません。

ABCストアも、ワイキキの大通りだったらあちこちにあるんですが、ちょっと大通りから出ると近くにはなかったりしますので、熱中症予防のためにも飲み物は常に持っておくようにしましょう。
ちょこちょこ飲むようにして、なくなりそうになったらすぐにABCストアで買うってくせをつけた方がいいですよ。


ABCストアで売られている物についてはこちらハワイのコンビニ「ABCストア」には何が売ってる?/コインランドリーがあるワイキキのホテルは?を参考にどうぞ。


ハワイでの犯罪


ハワイだけではなくアメリカ全体で見ても、ひったくりや置き引き、車上荒らし、ドラッグなど、犯罪・性犯罪はとっても多いです。

海でビーチに入るときに、貴重品はビーチに置きっぱなしにしないように気をつけて、コインロッカーにしっかりと入れても、こんな犯罪に巻き込まれることもあります。( ̄▽ ̄;)!!

これは私たち夫婦に実際に犯罪に巻き込まれた体験ですが、みなさんにも気をつけてもらえればと思い、包み隠さずお話していますので、こちらのページハワイで実際に私に起きた事件!ハワイの防犯・安全性についてを見てみてください。


この他にも、ザ・バスなど公共交通機関でのスリやひったくりなど、貴重品の管理は日本以上に注意しておかないと、ほんと大変なことになります。(私たちがそうでしたから(^_^;))

レンタカーを借りて、ちょっと遠くのビーチまでドライブ!って時なども、海で遊んでいる間に車上荒らしにあってしまうこともありますので、貴重品は基本的に肌身離さず持っていることをお勧めします。


●私の友人が、ハワイの新婚旅行中に詐欺被害に遭いました


私の友人が、数年前にハワイへ新婚旅行に行ったときのことなんですが、友人夫婦はアラモアナセンター近くのホテルに宿泊していて、アラモアナセンター付近を昼間に歩いていたそうです。

そうすると、日本語が上手な男性が近づいてきて、友人女性に向かって「あなたとってもかわいい!芸能人ですか?」などと声をかけてきたそうです。

違いますーなどと会話していたところ、その見ず知らずの男性がその友人女性の髪に、プルメリアの形をした髪飾りをさしてきたそう( ̄▽ ̄;)

友人夫婦はなんだか怖くなって断っていたのですが、差した髪飾りをとってくれなかったので、友人女性は「ほんとに結構ですから」と自分で取ったところ、そのプルメリアの髪飾りの花の部分が取れて壊れてしまい、見ず知らずの男性が「あなた壊したから、弁償してください!」と怒ってきたそうです。

完全なる詐欺ですねー( ̄▽ ̄;)


結局、友人夫婦は誰かに助けを求めようとしたんですが、人通りが少なく、もっと大きな犯罪に発展しても困るので、その男から要求された$100を支払ったそうです。

このように、実際にハワイでも少なからず詐欺犯罪は起きているので、旅行中気さくに日本語で話しかけてくる人がいても、人通りが少ない場所では注意しておきましょう。


ハワイの法律


●喫煙
ハワイでの喫煙は、法律により吸えない場所もたくさんあります。

喫煙者にとって、タバコを吸うにあたって気をつけなければならないことはたくさんありますが、私の体験談を踏まえて、ハワイでの喫煙に関する法律やタバコが吸える場所については、こちらハワイでのタバコの喫煙所は?どこで吸える?法律は?で解説していますので、参考にしてください。


お酒の法律は、日本よりもはるかに厳しい!


●飲酒ができる年齢


日本の法律とは少し違い、ハワイではお酒を飲めるのは「21歳以上」と法律で決められています。
つまり、日本では20歳以上ならお酒は飲めますが、20歳だとしてもハワイではお酒は飲めません( ̄▽ ̄;)

さらによっぽどの老け顔ではない限り、ほとんどの場合パスポートなどの身分証明書の提示を求められます。


これは、ABCストアなどのお酒の販売店だけではなく、レストランやバーなど、お酒の購入・飲酒ができる場所では全てそうです。
レストランなんかだと、アルコール類を注文したときにパスポートを見せてと言われますし、ABCストアなどではお酒を持ってレジに出すと、レジでその場でパスポートを見せるよう言われます。

ちなみに、バーなどでは入口で身分証明書の確認があり、21歳以上でないと入店すらできないお店もあります。

生年月日と顔写真付きの身分証明書であれば、パスポートではなくても免許証などでもOKですが、身分証明書の提示は絶対にしましょう。


特に日本人は海外の人たちからは幼く見えるので、例えば「俺、もう35なんだけど」って感じの大幅に21歳を超えている男性でも、身分証明書見せてっと言われることも多々あります。


私の場合も、はじめはそれを知らなくて、私と旦那さんがハワイのローソンで買い物してて、レジにサンドイッチやらビールやらを出すと、パスポートプリーズとか何か確か言われて、旦那さんはパスポートを持っておらず。笑

私は常に常備していたので、「なんでパスポートなんだろう?」なんて話しながら私のパスポートを出すと、サッと見て「thank you」って返されました。
そりゃそうですよ、私もうすぐ30ですから。笑

って感じだったので、どうやら夫婦とかカップルっぽい感じの人がお酒をレジに出しても、2人とも年齢確認されるわけではなく、片方でも大丈夫みたいです。


ただ、レストランでお酒を飲みながら食事したい人や、コンビニでお酒を買いたい人は、パスポートは持っておかないと、お酒は買えないので注意が必要です。

アルコールに関する法律は、それだけではありません。( ̄▽ ̄;)↓


●お酒が買える時間は限定されてる?!
また、お酒に関する法律はかなり厳しく、日本ではコンビニなどでお酒を24時間買えますが、ハワイではお酒が買えるのは朝6時から深夜0時までと決められています。

つまり、夜の0時を過ぎるとお酒を買うことはできなくなります。


ABCストアなど、深夜まで開いているお店だとしても、0時にはお酒のコーナーにロープや鍵などがされて、一切お酒は売ってもらえないんです。




●お酒を飲んでいけない場所
さらにお酒は、ビーチや公園、路上(道)、ザ・バスの中など、公共の場所でお酒を飲むことが法律で禁止されている他、お酒を飲んで酔った状態でこういった場所に行くことも禁止されています。

日本とは比べ物にならないほど、お酒に関する法律が厳しいので、しっかり守るようにしましょうね。


Jウォーク(jaywalk)


このジェイウォークとは、横断歩道ではない車道を横切って渡ること、または横断歩道の信号を無視して渡ることで、これは禁止されています。


日本人観光客もよくやってしまう違反で、ワイキキでも覆面がよく見張っていて、捕まると1人$130の罰金が課せられます。


横断歩道などにはこのような表示とボタンが設置されているところがありますので、そういったところではボタンをおして、ジェイウォークをしないように気をつけましょう。



日本人観光客は注意!子供に関する法律


日本では普通に行われていることでも、ハワイでは子供連れの人が注意しなければいけないことがあります。

ハワイには、「未成年者の福利を危険にさらした罪」という法律によって、12歳以下の子供を13歳の保護者なしで放置した場合、親(保護者)が罪に問われることがあります。


例えば、私たち日本人観光客がついやってしまいそうなことを挙げると・・・

・ショッピングセンターで、子供をおもちゃ屋で待たせてその間にショッピングをする
・ホテルの部屋に子供を置いて、買い物に出かける
・ホテルのロビー(エントランスなど)で、子供を1人にする
・車の中に子供を残して用事を済ませる
・ショッピングセンターで子供だけをトイレに行かせる
・子供だけで買い物(おつかい)に行かせる
などです。


日本では上記のことをしても親が罪に問われるなんてことはありませんが、ハワイでは法律違反になってしまうんです。

子供の学校の送り迎えも保護者が同伴することが義務付けられていますし、近くにいる人や店員などが通報して、罰金や逮捕に至るケースもよくあるそうです。


また、ハワイで旅行中に子供が言うことを聞かなかったり、悪いことをして、つい大きな声で子供を叱ってしまったり、叩いてしまったりすると、しつけのつもりでしたことなのに、周りの人が勘違いして幼児虐待として通報されてしまうこともあります。

日本でもよく見る光景だとしても、ハワイでは違法となることもありますので、注意しておきましょう。


<<前の記事「ハワイのコンビニ「ABCストア」には何が売ってる?/コインランドリーがあるワイキキのホテルは?」へ
>>次の記事「ハワイで日本語が通じる警察は?救急車は?急病になった時の日本人向け病院は?連絡先一覧」へ


●関連記事
ハワイでの移動手段は?注意すること!レンタカー、トロリーバス、ザ・バス、タクシー
ハワイでのお金・通貨の種類は?紙幣(お札)、硬貨(コイン)?1ドル何セント?ハワイのレシートの見方
ハワイで日本語はどの程度通じる?ホテル、レストラン、病院では?英語が話せなくても大丈夫?



↓ハワイ旅行前に作っておくと安全・便利





↓ハワイでスマホ使いたい方へ






ハワイ旅行前にまずチェック!

 

シーズン別ハワイ旅行講座☆

 

ハワイでの通貨とチップのお話

 

「はじめてのハワイ旅行」体験談

 

はじめての海外旅行講座

 

ハワイでスマホ・ネットしたい!

 

ハワイへ新婚旅行&結婚式

 

人気のオプショナルツアー

 

オアフ島から行ける島のツアー!

 

ハワイのお勧めホテル徹底解剖

 

ハワイのおすすめレストラン

 

ハワイの3大ステーキ有名店

 

ハワイの買い物・お土産

 

番外編