「はじめてのハワイ旅行」体験談

ハワイでの移動手段は?注意すること!レンタカー、トロリーバス、ザ・バス、タクシー

ハワイにはオアフ島、ハワイ島、マウイ島など、いくつもの島があるハワイですが、ハワイでの交通手段・移動方法はどんなものがあるんでしょうか☆

はじめに、日本からハワイへの飛行機の玄関口であるホノルル空港があるオアフ島についてです(`・ω・´)




交通手段(1)★旅行会社のトロリー






JTBやHIS、近畿ツーリストなど各旅行会社が運営しているトロリーバスです。
こちらは、その旅行会社からハワイ旅行を申し込んだ場合のみ利用できるので、個人手配によって旅行している方は、利用することが出来ません。

旅行会社でハワイ旅行を申し込んだときに、バスのルートや時間などが書かれたマップがもらえるので、旅行会社のトロリーを使えば、ほとんどのオアフ島の有名観光地へ行くことができます☆


●メリット
はじめに旅行会社から、ハワイ滞在中ずっと使えるパスのようなカードを渡されて、トロリーに乗る時にそれを運転手さんに見せるだけでトロリーが利用できます。
いちいち乗る度に料金の支払いもないし、チップも渡さなくてもいいので、とっても楽です。


旅行会社から渡される独自のマップがあるので、それによってトロリーの停留所や通るルートなどが一目でわかるので、迷うこともありません。
なので、海外旅行やハワイ旅行が初めての人にもおすすめです。

ちなみに、トロリーの車体の正面や後ろ側に、「H.I.S」や「JTB」などと大きく記載されています。

もし、トロリーで行きたい観光地があったり、乗り方がわからない場合なども、不安なことは全て旅行会社に聞けるのも大きなメリットですね。(*´ω`*)


また、上の写真を見てわかるように、トロリーって普通のバスとはちょっと違って、オープンな感じで側面とかが大きな吹き抜けのようになっていて、開放感は抜群。(説明が下手ですみません笑)


なので、車に乗ってるとは思えないほど景色がとっても綺麗で、ハワイの風と雰囲気を味わいながら移動できるので、移動も楽しみになりますよ☆

旅行会社を利用するメリットについて詳しくはこちらハワイ旅行は、JTBとHISはどっちがいい?旅行会社別の特徴・選び方・比較(メリット&デメリット)でも解説しています。


●デメリット
旅行会社でツアーを利用していない人は、旅行会社のトロリーを利用することはできません。






交通手段(2)★ワイキキトロリー


ワイキキトロリーは現在は「ピンクライン」、「レッドライン」、「グリーンライン」、「ブルーライン」、「ワイケレ&観光ツアー」が運行していて、ハワイ旅行者にもよく活用されている交通手段です。


●ピンクライン・・・DFSから主要ホテル、アラモアナセンターを通るルート
10毎の運行、1周は約1時間

●レッドライン・・・ホテルやDFSとイオラニ宮殿などハワイの歴史が堪能できるルート
50毎の運行、1周は約1時間40分

●グリーンライン・・・DFSからダイヤモンドヘッド方面のルート
35毎の運行、1周は約1時間10分

●ブルーライン・・・DFSなどからハナウマ湾、ハロナ潮吹き穴などの海岸方面のパノラマを楽しめるルート
1日3便運行、1周約2時間30分


ワイキキトロリーの運転が開始する時間、運転が終了する時間は、季節によって運行時間が異なる場合があるので注意が必要です。

ワイキキトロリーの停留所には、大きな字で「ピンクライン」などと書かれ、色でもしっかりわかるようになっているので、どこのラインに乗ればいいかはすぐにわかると思います。






●ワイキキトロリーのチケット、料金
ワイキキトロリーの乗り方は、専用のチケットを購入する必要があります。
チケットは、ワイキキの「TギャラリアbyDFS」1階のトロリーチケットカウンターか、「ロイヤル・ハワイアン・センター」1階のトロリーチケットブース、もしくは公式WEBサイトにて購入できます。

公式サイトでのチケット購入はこちら↓
http://www.waikikitrolley.com/ma-ja/?lang=ja


DFSのチケットカウンターの営業時間は月曜から土曜が8時から21時で日曜が8時から20時、ロイヤル・ハワイアン・センターのチケットブースは、8時30分から21時までとなっています。

またチケット料金は、「ピンクライン」は乗車毎に毎回料金は2ドル、「レッドライン」、「グリーンライン」、「ブルーライン」については、「1日1ラインチケット」か、「1日/4日/7日間4ライン乗り放題チケット」となります。

3歳以下は無料(ひざの上で)で、3歳から11歳までは子供料金で乗車できます。

・1日1ラインチケット/大人$20、子供$15
・1日4ライン乗り放題/大人$38、子供$28
・4日4ライン乗り放題/大人$59、子供$41
・7日4ライン乗り放題/大人$65、子供$45


ピンクラインの場合は乗車毎に支払うので、乗り方としては乗車したら運転席後ろのボックスに2ドルを入れます。
お釣りはないので、ピッタリの金額を現金で用意しておきましょう。

ワイキキトロリーではチップは義務付けられていませんが、サービスに満足した場合には渡してOKです。


●メリット
運行ラインごとに色分けされた停留所に、大きな看板にどのルートで走行するラインなのかが日本語で書かれているので、日本人観光客にもわかりやすくて安心です。

夜9時台などかなり遅め発の便もあるので、夜間の行動にもピッタリですね。

7日間乗り放題などのチケットもあるので、自分たちの旅行日数に合わせてチケットを購入することができます。


●デメリット
ワイキキトロリーは、旅行会社が運営するトロリーと間違えやすいので、注意しましょう。
私は旅行会社のトロリーをアラモアナセンターで待っているとき、間違えてピンクラインに乗りかけました( ̄▽ ̄;)

まだまだトロリー自体見かけないので、全部同じに見えるんですよね。笑

また、ピンクラインの場合はタクシーなどとは違いお釣りが出ないので、乗る前にしっかりと1人$2用意しておく必要があります。


乗り放題チケットは、お値段がややお高めなので、ハワイに着いてから予算オーバー!ってことにならないように、ワイキキトロリー料金もしっかりと計画に入れておきましょう。

ワイキキトロリー日本語公式サイト
http://www.waikikitrolley.com/ma-ja/?lang=ja





交通手段(3)★ザ・バス(The Bus)


ザ・バスは唯一の公共交通機関で、現在80もの路線があります。
路線がかなり充実しているので、ザ・バスに乗ればオアフ島内のほとんどの場所に行くことができます。



料金は、距離に関係なくどこまで乗っても大人は2.50ドル、6歳から17歳は1.25ドルなので、お財布にも優しいですね。

ザ・バスには「4日間連続の乗り放題パス」があり、こちらは$35.00でABCストアなどで販売されています。


ザ・バスの中では飲食禁止なので、スタバなどカフェで買った飲み物を飲むのもNGですよ。
荷物は、座席を取らないように膝の上に乗せるならOKですが、膝に乗らない荷物(スーツケースやサーフボード)を持ち込むのはNGです。

ザ・バス停留所の看板は、The Busとロゴが入った黄色の看板ですが、場所によっては電柱につけられていたりと、慣れていないとわかりにくいところもあります。

ザ・バスでよく利用されるルートは、ワイキキとアラモアナセンターを繋ぐ8番、そして23番、24番、19番、20番、42番などです。


●ザ・バスの乗り方
ザ・バスには、バスの運転席側(前方)のドアから乗り込み、乗車時に運転席横の箱に料金2.50ドルを入れます。
お釣りは出ないので、乗車前にしっかり現金で用意しておきます。

また乗り換えがしたい場合には、乗車するときに運転手に「トランスファー、プリーズ」というと、トランスファーチケット(乗り換え用)がもらえます。

そのトランスファーチケットを次の乗り換え先のバスの運転手に渡せば、2時間以内に2回まで無料で乗り換えが可能です。


ザ・バスが停車するのは乗る人がいるバス停か、降りる人がいるバス停だけなので、降りるときには自分で降車の合図をする必要があります。

降りたいバス停から1つ前のバス停をすぎた辺りで、窓側についているヒモ(ワイヤー)を引っ張るか、ブザーを押します。(引っ張るというよりは、"ヒモを手で下に下げる"ってイメージです)
降車を伝えるには、タイミングが重要そう(`・ω・´)


あんまり不安なときには、乗るときに運転手さんに「I want to go to ○○(行き先)」と言ったあとに、「Could you tell me when to get off?」(いつ降りたらいいか教えてくださいませんか?)と言っておきましょう。
そうすれば、降りるときに教えてくれると思います(*´ω`*)

英語の読み方など詳しくはこちらハワイ旅行で主に使う英語!これだけ覚えればOK!へどうぞ。


バスを降りるときには、前方でも後方でもどちらのドアからも降りることができます。
勝手にドアはあかないので、ドアを軽く押します。

ちなみに、どのザ・バスが自分の行きたい行き先に行くかを人に聞きたいときには、「What bus goes to ○○(行き先)?」(どのバスが○○に行きますか?)と言いましょう。


●ザ・バスで気をつけること
走行中は、ザ・バスの運転手に話しかけるのはダメで、携帯電話は消音にするなど、何かとルールが決められています。

また、人気のルートではバスが混むので、時間通りに停留所にバスが来ないこともよくあります。
「COURTESY SEATING」と書かれたシートは、お年寄りまたは身体障害者優先シートなので、座らないようにしましょう。

そして、ダウンタウンやチャイナタウンなど、陽が落ちてから人通りがあまりないような地域でバス停にいるのは(治安上)あまりおすすめしません。


オアフ島内ほとんどの場所にザ・バスで行けると言っても、「タンタラスの丘」や「プウ・オ・マフカ・ヘイアウ」へはザ・バスでは行けません。

どちらも、一番近いバス停はあることはあるんですが、そこから歩くのはかなり距離がありますし、治安の面でもザ・バスで行くことは避けてください。
ガイドブックなどでも、この2つへザ・バスで行くことはあまりお勧めされていませんよ。

タンタラスの丘、またはプウ・オ・マフカ・ヘイアウに行きたい場合には、オプショナルツアーを利用するのがベストです。

タンタラスの丘のツアーの詳細はこちらハワイで、タンタラスの夜景/スカイダイビング/サーフィン/ダイビングがしたい!へ。


●メリット
ザ・バスは、距離に関係なく$2.50で乗れるので、オアフ島のいろんな場所を観光したい人にとってもかなり経済的です。
トランスファーチケットもとってもお得(`・ω・´)

アラモアナセンターとワイキキなどの人気のルートだと、10分置きなど頻繁に運行しているので、移動の足として便利ですね。


●デメリット
混雑状況によっては、時間通りに停留所に来ないこともあるので、ハードなスケジュールで観光したい人には、ちょっとイライラするときがあるかも・・・。
海外で、バスが来ないと不安ですよね。笑


降りる停留所を自分で合図しなければいけないので、初めて行く先なのでは、何を目印に降車合図をしたらいいのか謎です( ̄▽ ̄;)
こんなときは、ABCストアで売っている、ザ・バスのガイドブックが頼りになりそう。

ザ・バス公式サイト
http://www.thebus.org/t_jap/default.asp?f=y





交通手段(4)★タクシー


ハワイでは、タクシーを利用するのも便利です。

日本のように、道で手を挙げて立っていれば空車のタクシーが止まってくれるというものではなく、ハワイでは、ホテルやレストランのスタッフの人にタクシーを呼んでもらうスタイルです。

ホテルなどのベルマンにタクシーを呼んでもらったときには、チップを$1から$2渡しましょう。

アラモアナセンターなどたいていのショッピングセンターには、タクシー乗り場が用意されていますので、そこから乗ることも可能です。


また、タクシーにまつわる英語を少し紹介すると・・・
「Could you call me a taxi, please?」(タクシーを呼んでもらえますか?)
「Can you take me to the sheraton-waikiki Hotel?」(シェラトンワイキキホテルまでお願いできますか)
「Keep the change, please.」(おつりはとっておいてください)

英語の読み方など詳しくはこちらハワイ旅行で主に使う英語!これだけ覚えればOK!へどうぞ。


●タクシー料金
初乗りがだいたい$3.00から$3.50で、それ以降1/8マイルごとに40セントから45セント加算されていきます。
タクシーを降りるときにはチップも当然必要になり、思い荷物などの出し入れを手伝ってもらったときにもチップは必要です。

チップについてはこちらのハワイでのチップの正しい支払い方、いつ渡すか、相場の金額は?「ホテル、タクシー、ツアー」ページで詳しく解説しています。


●タクシーの乗り方
日本のタクシーと同じように、まずタクシーに乗ったら、ドライバーとライセンス(写真付き許可証)の顔が一致しているかを確認します。

タクシーのドアはほとんどの場合自分で開閉しますが、自動のものもあります。
タクシーの支払いはカードでもOKですが、現金で支払うのがベターだそうです。


●メリット
ちょっとショッピングしすぎてしまったときや、大きな荷物があるときなど、ザ・バスは乗れないですが、タクシーなら大丈夫です。


●デメリット
バスも変わりませんが、行き先を伝えるときなども、全て英語になります。
料金とチップの計算も自分でしなければいけないので、ハワイのチップに慣れていないと、ちょっと面倒かもしれませんね。





交通手段(5)★レンタカー


ハワイでは、国際免許証がなくても日本の運転免許証だけで運転することができます。


ハワイには、「ニッポンレンタカー」など日本のレンタカー会社もあり、大手のレンタカー会社であれば、日本にいるときからWEBでレンタカーの予約をしておくこともできます。

日本語対応、または日本語のカーナビ利用OKのレンタカー会社もあります。

ハワイのレンタカーなら「ダラーレンタカー」などが有名どころで人気があるようです。


●ハワイの交通ルールは?
もちろん右側通行なので、当然ハンドルも左ハンドルで、シートベルトに関しては、運転席と助手席だけではなく、全席で着用義務があります。


それと、ハワイでは全面的に譲り合い精神と歩行者優先が根付いているので、よほどのことがない限りクラクションを鳴らさないことが決まりです。

しかし、道を譲ってもらったりしてもハザードでお礼をする文化はハワイにはありません。


信号もちょっと日本とは違い、3色の信号の他に3色の矢印も存在します。矢印が指す方向と、矢印の色でその時の交通ルールが決まります。

例えば、青色の右向きの矢印の信号の場合は、右折だけ進んでOKという感じ。


赤信号時の右折矢印は、基本的に進んではいけませんが、場合によっては歩行者に注意しながら右折することができます。


しかし、「NO TURN ON RED」などと書かれた場合には「赤信号での場合右折禁止」という意味になります。


また、スクールバスが停止しているときには追い越して抜かすのは禁止です。日本と同じなのは、チャイルドシートの義務と、携帯電話の使用禁止です。

スピード違反や駐車違反など、交通ルールはハワイも結構厳しいので、十分気をつけて運転しましょう(`・ω・´)


●メリット
トロリーやザ・バスの運行ルートではない場所にも、自由に行くことができます。
ハワイでのドライブなんて、ドライブ好きなら一度は憧れちゃいますよね☆


●デメリット
国際運転免許証は必要ないものの、交通ルールは海外のルールなので注意がかなり必要なところ。
違反をした場合、「旅行者だから知らなかった」なんてことは通用しず、罰金などしっかりとられるますよ(`・ω・´)


★オアフ島以外のハワイの島


これまで紹介してきたのはオアフ島についてです。

例えばハワイ島やマウイ島は、タクシーやバスなどの環境が整っているわけではないので、ハワイでもオアフ島以外の島の場合は、レンタカーが主流です。


レンタカーの運転が不安な人は、無難にオプショナルツアーのみでの行動にしておいたほうがいいと思います。


<<前の記事「ハワイでのタバコの喫煙所は?どこで吸える?法律は?」へ
>>次の記事「ハワイで日本語はどの程度通じる?ホテル、レストラン、病院では?英語が話せなくても大丈夫?」へ


●関連記事
ハワイ旅行は、JTBとHISはどっちがいい?旅行会社別の特徴・選び方・比較(メリット&デメリット)
ハワイで日本語はどの程度通じる?ホテル、レストラン、病院では?英語が話せなくても大丈夫?
ハワイでのチップ計算方法/支払い方、いつ渡すか、相場金額、チップのお釣り/レストランでは?



↓ハワイのレストランが日本語で予約できるサイト




↓ハワイでスマホ使いたい方へ






ハワイ旅行前にまずチェック!

 

シーズン別ハワイ旅行講座☆

 

ハワイでの通貨とチップのお話

 

「はじめてのハワイ旅行」体験談

 

はじめての海外旅行講座

 

ハワイでスマホ・ネットしたい!

 

ハワイへ新婚旅行&結婚式

 

人気のオプショナルツアー

 

オアフ島から行ける島のツアー!

 

ハワイのお勧めホテル徹底解剖

 

ハワイのおすすめレストラン

 

ハワイの3大ステーキ有名店

 

ハワイの買い物・お土産

 

番外編