ハワイでの通貨とチップのお話

ハワイでのチップ計算方法/支払い方、いつ渡すか、相場金額、チップのお釣り/レストランでは?

ハワイでは、ホテルやレストラン、タクシーなど、さまざまなシーンでチップを渡す習慣があります。


私はハワイどころか海外旅行すら初めてだったため、「チップはいくら渡すべきなのか?」、「いつ、どのタイミングで渡せばいいのか?」、「レストランなどで、どのウェイターさんに渡せばいいか?」など、不安なこと、わからないことばかりでした。


ハワイでレストランに入っても、たくさんの外人さんを前にすると、どんなに美味しい料理がでてきても、チップのことが気がかりで夫婦そろって「どうする?どうする?」と、食事どころではなく・・・。


ハワイ滞在中、チップのことは常に頭のどこかにあって、気兼ねなく羽をのばすってことが出来ませんでした( ̄▽ ̄;)


やっぱりハワイを思いっきり楽しむなら、チップの知識についての下準備は絶対に必要だと感じました。(´;ω;`)


基礎的なことを知っておけば、私たちのようにその時になっておどおどする心配はないと思います。
私が今回ハワイ旅行をしてみて、実際にチップのことで現地で困ったことも含めて解説しています。


もくじ
チップって、そもそも何のために渡すの?渡す必要はあるの?誰に渡す?
チップはいくら渡せばいい?相場は?
チップでお釣りをもらうのはマナー違反?
シーン・場所ごとのチップの渡し方・支払い方のマナーは?


チップって、そもそも何のために渡すの?渡す必要はあるの?誰に渡す?

日本ではチップの風習はありませんが、ハワイをはじめアメリカではレストランやホテルなどのスタッフに、チップを渡す習慣があります。


チップとは、そもそも何なんでしょう。
何のために、わざわざチップを渡すのでしょうか。


チップは、例えばレストランだとウェイターやウェイトレスに、ホテルではドアマン、ポーターに、その他タクシーの運転手などに払う必要があります。


これらサービス業種の人々は、お客さんからチップをも貰うことを前提としているため、経営元から出る給与は、かなり低く設定されています。


そのため、チップはアメリカでは収入の1つと考えられているので、サービス業のほとんどの人は、チップを含めた収入に対して課税されるほどなんですよ。


●チップは、あげてもあげなくてもいい?
今お話したように、チップはアメリカでは収入の一部として考えられているので、チップは渡しても渡さなくてもいいものではありません。


基本的に、しっかり渡すべきものだと考えてください。


例えば、レストランでウェイターの接客態度が気に入らなかったからといって、チップを渡さないのもNG。
スタッフの接客態度がひどくても、チップは渡さなければいけませんが、その場合には何が良くなかったのかを伝えてあげてもいいそうです。


チップはいくら渡せばいい?相場は?

チップは、だいたいいくらくらい渡せばいいのでしょうか?
よくあるシーンごとのチップの相場(目安)はどれくらいなのかについてお話します。


・レストラン/ウェイター・ウェイトレス・・・・・合計の15%から20%
・高級レストラン/ウェイター・ウェイトレス・・・・・20%から25%
・ホテル/ルームキーパー・ボーイ・ポーター・ドアマン・・・・・$1から$2
・タクシー・・・・・合計の10%から15%


チップの計算方法

チップは、自分で計算する場合はスマホの計算機・電卓などを使うと、簡単に合計金額が出せます。


チップを含めた合計金額を出したいとき、チップが10%なら合計金額×1.1、チップを15%にするなら合計金額×1.15、チップを20%にするなら合計金額×1.2で、チップを含めた会計が出せますよ。


チップはコイン(硬貨)で渡してもいい?

チップをコイン(硬貨・小銭)で渡すのは、基本的にはNGです。


小銭がたくさんあるからといって、チップに小銭は使わないで、必ず紙幣(お札)で渡すようにしましょう。失礼にあたりますよ。


チップでお釣りをもらうのはマナー違反?

ハワイ旅行では、私たち夫婦が思っていた以上に、"チップへの1ドル札の消費が早い"です。


チップの習慣があることは知っていたので、日本にいる時点で1ドル札は20枚($20分)ほど、しっかりと準備していました。


ですが、夫婦で20枚の1ドル札なんて、あっという間になくなってしまいました( ̄▽ ̄;)


とにかくレストランだろうがホテルだろうがチップはつきものなので、1ドル札が20枚は、1日しないうちにほぼなくなります。


ですのでチップ用の1ドル札は、1人20枚くらいは持っておいた方が、チップの支払いで困ることがないと思います。


もし、ピッタリの額の紙幣を持っていなくて、お釣りがほしいときには、「Can I have ● dollars change, please」で、「●ドルのお釣りをください」と言いましょう。


例えば1ドルのチップを渡したいのに、10ドル札しかなかったときには、「Can I have 9 dollars change, please」となります。


●の部分に、もらいたいお釣りの数字を入れるだけです。


※注意事項※
チップ用などにある程度お札は持ち歩くべきですが、あまり多くの現金を持ち歩くのはオススメできません。日本にいるのと同じ感覚でいると痛い目にあう場合もありますので。


参考:ハワイで私に起きた事件!「キャッシュパスポート」持ってくべきだった・・・


英語の読み方やその他、お釣りやチップに関しての英語をまとめてみました↓
ハワイ旅行で主に使う英語!これだけ覚えればOK!です。参考にどうぞ。


では次に、シーン・場所ごとのチップの渡し方や支払い方についてです。


シーン・場所ごとのチップの渡し方・支払い方のマナーは?

●レストラン・高級レストラン・ファーストフード
レストランでのチップはだいたい合計金額の15%から20%ですが、例えば高級レストランではチップも20%から25%が一般的なチップの相場となります。


高級レストランでは接客レベルや質も高く、その分それ相応のチップが必要だと考えられています。


また、マクドナルドなどのファーストフード店では、料理やドリンクを運んでもらったり食べた食器を片付けてもらうこともないため、基本的にチップは必要ないと考えられています。


レストランなどでは、食事を済ませたらウェイターさんを呼び、「チェック プリーズ(Check please)」と言うと伝票をもってきてくれるので、テーブルで支払いをします。


伝票でまずはじめに確認してほしいのが、会計にチップが含まれているかどうかという点です。


チップの習慣がない日本人など、チップを払い忘れるお客さんが続出することから、ハワイのレストランでは、会計にあらかじめチップを含む金額が書かれていたり、何%のチップを支払うか選べるよう記載があったりするお店も多くなっています。


ここで、ハワイ旅行で実際に会計の伝票レシートとして私が渡されたものを参考にしてみましょう。


こちらが、ハワイのオアフ島のワイキキ中心部にあるルーワーズ・ストリートにある「ジョバンニ・パストラミ(Giovanni Pastrami)」と、シェラトンワイキキホテルの「カイ・マーケット(Kai Market)」のレシートです。





黄色い枠が食事の合計、赤い枠がその%ごとのチップ額、青い枠が食事の合計とチップの合計額です。


ちなみに、ジョバンニ・パストラミの紹介レポートは→【私の口コミ大公開】ハワイで、ガーリックシュリンプが有名な「ジョバンニ・パストラミ」
カイ・マーケットの紹介は→【私の口コミ大公開】ハワイオアフ島のシェラトンワイキキホテル内の「カイ・マーケット」


これを見てもらうとわかるように、観光客が多い店や日本人がよく来店するお店だと、伝票の記載もわかりやすくて、何%のチップにすればいいか、チップを含む金額がいくらになるかなど、悩む必要もないので助かりますね。


合計額とチップ計算は、その場でサッとスマートに行うのはちょっと難しいですし、ほんとにこの金額で合ってるのかな?と不安になってしまいますが、こういった伝票だと支払いをする私たちにとっても親切なお店だと思います。


ですが、ハワイのレストラン全てがチップに慣れない観光客への配慮がされているわけではないので、そういったお店だと、伝票にチップと書かれた欄はあるかの確認、チップとの合計でいくら支払えばいいかの計算を自分でしなければなりません。


ちなみに、伝票によくあるチップの英語は・・・
・Tip
・GRATUITY
・SERVICE CHARGE(S/C)

などと記載されています。


私はこの2つのお店のように、チップが記載されている伝票でも、チップが記載されていなくて、自分でチップを計算した場合にも、セントは繰り上げにしてお釣りをもらわないようにして、支払っていました。


だいたいどこのお店でも、折りたたんでレシートが挟まっているタイプの伝票でしたので、それにお金を挟んでウェイターさんに返すんですが、例えばチップ18%と食事代との合計が$71.05のときは、もう$72挟んでサンキューって言ってお店を出るって感じです。


ピッタリ現金でその金額ちょうどを支払ってもいいんですが、だいたいの場合は私がしたようにセントの単位は切り上げて支払うことが多いです。


クレジットカードで支払う場合には、伝票にチップを自分で書き込む欄があるので、そこに「12.00」などとチップ金額を書き込んで、チップを含めた合計金額にも数字を書き込み、それにサインをすればOKです。


だいたいの相場が決まっているチップですが、レストランなどで接客の質やサービス、対応にとても満足したときには、相場の範囲内を過剰に超えなければ、「接客への満足」という気持ちで、20%、25%と多めに渡してもいいですよ。


私も、ワイキキのレストランで、英語があまりわからない私たちへのウェイターさんの気遣いや対応が良かったので、通常よりも少し多めにチップを渡したことがあります。


接客が気に入らないから相場が10%から15%のところを5%しか渡さない、など良くないですし、チップの渡しすぎもよくないですが、相場を超えない範囲であれば、感謝の気持ちをチップに反映してもOKですよ。


それと、私も利用したことがあるんですが、旅行会社によっては人気レストランの予約代行サービスがあります。


そういったものを利用すれば、日本人の旅行カウンターでレストランを予約してもらえて、支払いはお店ではなく旅行カウンターでチップが含まれた料理代をそのまま支払うことが出来るので、チップへの不安もなくなりますよね。


これに関しては、こちらのページ旅行会社の、ハワイの人気レストラン予約のオプショナルツアーとは?利用するメリットで詳しく解説しています。


<<前の記事「ハワイでのお金・通貨の種類は?紙幣(お札)、硬貨(コイン)?1ドル何セント?ハワイのレシートの見方」へ
>>次の記事「ハワイでのチップの正しい支払い方、いつ渡すか、相場の金額は?「ホテル、タクシー、ツアー」」へ


●関連記事
ハワイで必要になるお金、持っていくべき予算とは/ハワイの物価事情
ハワイ旅行の費用・料金・予算は?
ハワイで結婚式(挙式)をしたい!費用(予算)の相場/格安ウェディングは?



↓ハワイ旅行前に作っておくと安全・便利





↓ハワイでスマホ使いたい方へ






ハワイ旅行前にまずチェック!

 

シーズン別ハワイ旅行講座☆

 

ハワイでの通貨とチップのお話

 

「はじめてのハワイ旅行」体験談

 

はじめての海外旅行講座

 

ハワイでスマホ・ネットしたい!

 

ハワイへ新婚旅行&結婚式

 

人気のオプショナルツアー

 

オアフ島から行ける島のツアー!

 

ハワイのお勧めホテル徹底解剖

 

ハワイのおすすめレストラン

 

ハワイの3大ステーキ有名店

 

ハワイの買い物・お土産

 

番外編