ハワイ旅行前にまずチェック!

ハワイの宿泊先ホテルの選び方!オーシャンビューなどの部屋の眺望の意味、ホテルのランク

ハワイ旅行で、宿泊するホテルはどうやって選んだらいいのでしょうか。

何を基準に選べば後々後悔しないのか?どんなことを優先すれば、ホテル選びで失敗しない?を、実際に英語ダメ、初の海外旅行、ハワイ初心者の私たち夫婦目線で、お話していきたいと思います。


ハワイ旅行の宿泊先ホテルの選び方


HISやJTB、近畿ツーリストなど、自分が利用する旅行会社のツアーデスクが、ハワイのオアフ島にはいくつかあります。

例えば、JTBは「ヒルトンハワイアンビレッジワイキキビーチリゾート」「シェラトン・ワイキキ・リゾート」、「ハイアット リージェンシー ワイキキ リゾート & スパ 」、「パシフィックビーチホテル」に、HISはワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ「ヒルトンハワイアンビレッジワイキキビーチリゾート」、近畿ツーリストは「シェラトン・ワイキキ・ホテル」「ヒルトンハワイアンビレッジワイキキビーチリゾート」、「ハイアット・リージェンシー・ワイキキ」などです。

このツアーデスクでは現地のオプショナルツアーが予約できたり、各観光スポットへのアクセス方法や、近くの人気レストランの紹介など、旅行中のわからないことや困ったことが全て聞けるカウンターです。


(参考ページ⇒ハワイ旅行は、JTBとHISはどっちがいい?旅行会社別の特徴・選び方・比較(メリット&デメリット)


国内旅行とは違い、わからないことがあったりしても、時差があるため日本の旅行カウンターは営業時間外であることが多いです。


私が宿泊したホテルは、「シェラトン・ワイキキ・ホテル」でしたが、このツアーデスクがホテル内にあったことで、旅行中とても便利でした。

いくら日本人観光客が多いワイキキとはいえ、そのホテルのフロントの人全てが、日本語を話せるわけではありません。
ちょっとした時間に、近くの観光スポットに行こうとしても、わからないことを日本語で聞けて、日本語で教えてくれるところって、案外ありません。

自分が宿泊するホテルではなく、近くのホテルにツアーデスクがあるとしても、そのホテルまで行くのも迷ったりします。

地図でみるとすぐ隣りのホテルなのに、実際は昼と夜とでは街の雰囲気がガラっと変わるし、旅行中に道に迷っている時間って、ほんとに無駄です。笑


シェラトンワイキキホテルには、近畿ツーリストの他にHISなどのツアーカウンターもあったため、他のホテルのお客さんとかもたくさん来ていましたが、ツアーデスクが入っているホテルを選んでおいて、本当に良かったなーと思いました。

ホテルの敷地内だから、わからないことはすぐに聞きに行けるし、さらにホテルの部屋の電話から内線で電話をかけて、わからないことが聞けるので、わざわざツアーデスクに行くこともなく、部屋にいながら電話できたのもすっごい便利でした。





ハワイでは、ホテルにいるときにもわからないことはたくさんあります。
荷物を預けたいとき、喫煙所を聞きたいとき、病院に行きたいときなどなど。

そんなとき、ホテルのフロントスタッフの方が日本語を話せるとは限りません。


私の場合、慣れないビーチサンダルで1日中ワイキキ市内をショッピングして歩き回っていたため、宿泊初日にかなりひどい水ぶくれが足に出来てしまいました。

夜に気づいたときには、両方の足の裏がえだまめ2個分くらいの大きさにプックリ腫れて、もう歩けないほどで、ABCストアも開いている時間ではなく、ばんそうこうを買うにしても、どこに売っているの?!という状態( ̄▽ ̄;)

部屋の電話のかけ方もイマイチでしたが、なんとかフロントに電話するとやっぱり英語。笑
私の中にかろじてあった中学生で習う英語、「Can you speak japanese?」というと、「しょうしょうおまちください」と日本語デスクのスタッフさんに電話を繋いでくれました。


日本語スタックさんに事情を話し、無事にお部屋までバンドエイドを届けてくれました。
それがこれ。


両足なので、ちゃんと各2つずつくれました!
こんな日本ではちょっとしたことなんだけど、そのちょっとしたことが日本語が伝わらないと困ります。

バリバリ英語が話せる人なら、日本語デスクって必要ないですが、ちょっとしたことでもすぐに対応してもらえる日本語デスクって、かなり心強かったですよ。


ちなみに、私が調べた限りでハワイで日本語(日本人)専用デスクがあるのは、「シェラトン・ワイキキ・ホテル」の他に、「アストン・ワイキキ・ビーチ・タワー」、「ワイキキ パーク ホテル、ワイキキ パーク ハイツ」、「トランプ インターナショナル ホテル ワイキキ ビーチ ウォーク」「ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ビーチ・リゾート」「モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ」などがあります。





ハワイのオアフ島、ワイキキ周辺でもホテルはたくさんありますが、何を優先して選ぶかによっても、宿泊先のホテルは変わってくると思います。

例えばハワイで泊まるホテルは、「寝るだけ」でいいのか、「ショピングを中心に楽しみたい」のか、「部屋からの眺めも譲れない」のか、「ツアーにたくさん参加するから、アクセス重視」なのか。
何を一番優先するのかでも、最適なホテルは異なりますよね。


ホテルはただ寝るだけでいいのであれば、それほど高級ホテルに泊まる必要はないと思いますし、ショッピング中心なら、ホテルの立地はワイキキの市街の中心部がいいと思います。

ホテルの部屋からの眺め(眺望)にもこだわりたい人は、ビュータイプにも注目してみてください。


★ビュータイプ(眺望)の種類は?
●オーシャンフロント・・・・障害物がなく海が目の前にある部屋のことで、オーシャンビューよりも海の見え方が◎。

オーシャンフロントの部屋タイプがあるのは、私が宿泊した「シェラトンワイキキホテル」の他、「ハレクラニ」ロイヤルハワイアンラグジュアリーコレクションリゾートなどがあります。

ちなみに、シェラトンワイキキのオーシャンフロントの部屋の眺望を撮影してきましたので、このページの下の方に載せてます。


●オーシャンビュー・・・・海が見える部屋。オーシャンフロントのように、目の前に海があるとは限らず、目の前に障害物があったとしても部屋からの景色の50%以上が海である部屋は、オーシャンビューと呼ばれます。


●パーシャルオーシャンビュー・・・・パーシャルという意味が「一部」という意味で、海の一部だけが見える状態の部屋。しかし、ホテルによってこのパーシャルオーシャンビューの定義が異なりますので、どの程度の海の見え方なのかは各ホテルに問い合わせが必要です。

ビーチから少し離れているホテルでさえも、目の前が隣のホテルの客室であっても、どこか少しでも海が見えればパーシャルオーシャンビューと呼ばれるため、ホテルの立地なども要チェックです。


●マウンテンビュー・・・・海ではなく山側に面した部屋のことで、夜は夜景が見えますし料金はお手頃です。


●ガーデンビュー・・・・ホテル内のガーデンに面した部屋のことで、ホテルの中でも低階層の設定です。

ガーデンビューがあるのは「ハレクラニ」「ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート」ロイヤルハワイアンラグジュアリーコレクションリゾートなどです。

ガーデンビューは、例えばヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾートの場合、低階層ですがラグーンなども見え、部屋の位置によっては毎週金曜のホテルの花火もよく見れて、ガーデンビューでも満足だったというクチコミもあります。


●シティビュー・・・・市街が見える部屋のこと。ホテルの立地によって、部屋から見える街並みは変わってくるので、ハワイらしい街並みが見たい人は、そのホテルのシティビューがどんな景色なのかも調べておきましょう。

「こんなのハワイの市街地っぽくない・・・」とがっかりしてしまうことがないように(`・ω・´)


●プールビュー・・・・プールが見える部屋のこと。「ハレクラニ」のプールビュースイートは、とても人気がありますね。その他にプールビューがあるホテルは「シェラトン・プリンセス・カイウラニ」などです。


●ゴルフビュー/フェアウェイビュー・・・・ゴルフコースに面した部屋のこと。

ゴルフビューの部屋があるのは、ハワイ島ワイコロア・ビーチ・リゾートにある「フェアウェイ・ヴィラズ・ワイコロア by アウトリガー」などで、ハワイ島コナにある「フォーシーズンズ」というホテルではオーシャンゴルフビュールームもあります。


●部屋指定なし・・・・部屋の眺望を指定しないもので、チェックインの時にそのホテルが空いている部屋になります。そのため、部屋指定なしにすると、事前にどの部屋タイプになるかはわかりません。

ほとんどの場合は、部屋からの景色があまりよくないような部屋になることが多いそうですが、行く時期やホテルの立地によっては、部屋指定なしでも眺望がかなりいい部屋に当たることもあるそうです。
クチコミや体験談でも、こればかりは運によると書かれていることが多いですよ。

ホテルによっては、これらの部屋タイプの他に「ラージ・ラグジュアリー・オーシャン」や「カイ・オーシャンフロント・スイート」など、そのホテル独自の部屋タイプの呼び名があります。

同じような部屋でも、違う名前で表現されていたりもしますので、泊まりたいホテルの眺望は公式サイトなどでよく調べてから選択するといいですよ。


ちなみに、私がとまった「シェラトンワイキキホテル」の「オーシャンフロント」の10階以上指定の部屋でこの眺望です。





シェラトン・ワイキキのオーシャン・フロントの部屋には全て、「プライベート・バルコニー」が完備されています。
バルコニーには、テーブルとチェアが置いてあり、目の前がワイキキビーチなので、シェラトンのオーシャンビューの眺望は最高です。


暗くなってからは、ワイキキビーチと水平線を見ながら、バルコニーでお酒を飲んだりしてました(*´ω`*)


バルコニーからは、シェラトンの「インフィニティ・エッジ・プール」や「エッジ・オブ・ワイキキ」が見えます。
この時プールで輪になってたけど何してたのかは不明。笑


シェラトンワイキキホテルの実際の写真や詳しい体験談・口コミはこちら「シェラトン・ワイキキ・ホテル」私が宿泊した体験談や部屋からの眺めのクチコミを公開中!を参考にしてください。


★部屋の眺望によって、客室料金がかなり違う
オーシャンフロントやシティービューなど、さまざまな部屋タイプがありますが、客室料金は部屋の眺望によってもかなり変わってきます。
この客室料金は何で決まるかというと、"部屋からの海の見え方"によります。


例えば、マウンテンビューなど海が全く見えない部屋タイプよりはパーシャルオーシャンビューの部屋が高く、パーシャルオーシャンビューよりはオーシャンビューの部屋が高く、オーシャンビューよりはオーシャンフロントの部屋の方が料金が高くなります。

つまり、オーシャンフロントの部屋が一番客室料金が高いということです。

もちろんこの客室料金は、同じ眺望名でもホテルのグレードによって料金は違いますが、ホテルグレードについては、この先で解説しています。





ハワイのホテルの選び方で、何を優先するのかについて2つめのお話です。

ハワイのホテルにも、ホテルのグレードが、スターレート(星の数)によって格付けされています。
レストランなどでも、5つ星レストラン、4つ星レストランなどという表現を聞いたことがあると思いますが、それのホテル版ってことです。

もちろんホテルのグレードを上げれば、その分宿泊料金も高くなります。
反対に、ホテルのグレードを下げれば下げるほど、宿泊料金は安く済ませることができます。


さらに、そのグレードのホテルの中でも、オーシャンフロントなのか、シティビューの部屋タイプなのかなど、部屋からの眺望でも宿泊料金の高い・安いがあります。
選び方(3)の項目で、部屋からの眺望については紹介しましたね。

これを考えると、例えば5つ星ホテルのシティビューの料金と、4つ星ホテルのオーシャンフロントと同じくらいの宿泊料金であったりもします。


ホテルを選ぶときには、ホテルのグレードとともに部屋の眺望タイプについても、自分のハワイでの過ごし方に合っているものはどれかをよく考えてみましょう。





ハワイにはたくさんのホテルがあり、料金もホテルグレードによってさまざまですね。
ホテルの料金はかなりバラつきがありますが、ホテルはただ安ければいいのでしょうか?

ハワイに限らず日本であろうとも言えることですが、高いホテルには高いなりの理由が、安いホテルには安いなりの理由が存在します。

私が実際にハワイ旅行に行った体験も含め、クチコミなどを参考にまとめてみると、こんな感じです。




宿泊料金が高いホテルは、立地やアクセスが良かったり、ビーチから近い、日本語スタッフが常駐している、ホテルにプールなどの施設が充実している、治安がかなりいいなどのメリットがあります。


反対に安いホテルは料金が安いかわりに、トロリーバスのバス停が近くになかったりとアクセスが悪かったり、市街地やビーチまで遠かったり、ホテルの部屋から海が見えなかったり、日本語スタッフが常駐していない、昼夜問わず治安が悪いなどのデメリットがあります。
(もちろん全ての格安ホテルに対してではありません)

やはり料金が安く、市街地からも離れたホテルだと、夜間だけではなく昼間も治安が良いとは限らないと思いますし、正直なところ英語がそれほど得意ではない私からすると、ホテルに日本語スタッフが常駐していないホテルだと、滞在中かなり困ると思います。


確かに安いに越したことはないですが、宿泊料金にだけとらわれず、自分たちにとってどんなメリット・デメリットがあるかを考えてみると、ホテルはただ安ければいいというわけではないと思います。


ハワイのホテルのランク、格付け

ハワイのホテルのグレードも、旅行料金にかなり大きく関わってきますね。
せっかくの海外旅行だから、グレードが高いホテルを選びたい人は、格付けによるスターレート(星の数)を参考にしてください。

★★★★★5つ星
ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート
トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキ・ビーチ・ウォーク
ハレクラニ
アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ コオリナ・ハワイ
ザ・カハラ・ホテル&リゾート


★★★★4つ星
「シェラトン・ワイキキ・ホテル」
モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート & スパ
ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート
ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ
アウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾート
・アストン ワイキキ ビーチ タワー
・ハイアット リージェンシー ワイキキ ビーチ リゾート & スパ
・ハワイ プリンス ホテル ワイキキ


★★★3つ星
・アラモアナ ホテル
・シェラトン プリンセス カイウラニ ホテル
・ヒルトン ワイキキ ビーチ
・ロータス ホノルル アット ダイヤモンド ヘッド
・アクア イリカイ ホテル アンド スイーツ
・パシフィック ビーチ ホテル
・ホリデイ イン ワイキキ ビーチコマー リゾート


★★2つ
・ア・ジョイ・ホテル
・アクア クイーン カピオラニ ホテル
・アクア パシフィック モナーク
・アストン アット ザ ワイキキ
・バニアン アストン ワイキキ サンセット
・オハナ アイランダー ワイキキ
・オハナ イースト
・オハナ ワイキキ マリア
・コートヤード バイ マリオット ワイキキビーチ
・ダブルツリー バイ ヒルトン アラナ ワイキキ ホテル
・ラマダ プラザ ワイキキ
・ロイヤル ガーデン アット ワイキキ
・ワイキキ ショア コンドミニアムズ
・ワイキキ リゾート ホテル


★1つ
・アクア アロハ サーフ ワイキキ
・アクア スカイライン アット アイランド コロニー
・アクア パームス ワイキキ
・アクア バンブー ワイキキ
・アクア ワイキキ ウェーブ
・アクア ワイキキ パール
・アストン ワイキキ サークル ホテル
・アストン ワイキキ ビーチサイド ホテル
・アンバサダー ホテル オブ ワイキキ
・エバ ホテル ワイキキ
・オハナ ワイキキ ウェスト
・オハナ ワイキキ サーフ
・オハナ ワイキキホブロン
・ザ ブレーカーズホテル
・パーク ショア ワイキキ
・ベスト ウェスタン プラス ココナッツ ワイキキ ホテル
・マイレ スカイ コート
・ミラマー アット ワイキキ
・ロイヤル クヒオ
・ワイキキ ゲートウェイ ホテル
・ワイキキ サンド ビラ
・ワイキキ マリーナ タワー

(JTBのハワイホテルグレード一覧より
http://ovspkg.jtb.co.jp/pkg/tourview/hotel_grade.aspx?destareacd=01

自分好みのホテルを見つけるには?


「グレードなんて気にしない! 大事なのは自分が気に入るか?居心地がイイか?じゃない?」


という方にオススメなのが、世界最大のオンライン予約サイト「エクスペディア」


「エクスペディア」では、ホテル内の内装・レストランの内装・部屋の内装・部屋からの眺め・・・など、写真がいっぱい見れます。ホテルによっては100枚以上もの写真が掲載されているところもあります。


実際にハワイのそのホテルに行ったかのような気分になれるので、写真を眺めてるだけでも気分は「アーロハー♪」ですよ♪


(※参考⇒ハワイ旅行のホテル・航空券予約「エクスペディア」が人気な理由3つ




<<前の記事「旅行会社の、ハワイの人気レストラン予約のオプショナルツアーとは?利用するメリット」へ
>>次の記事「ハワイを満喫できる旅行日数(滞在日数)は?3泊5日、4泊6日?何日必要?宿泊数と観光・ツアー」へ


●関連記事
ハワイでのタバコの喫煙所は?どこで吸える?法律は?
ハワイで実際に私に起きた事件!ハワイの防犯・安全性について
「シェラトン・ワイキキ・ホテル」私が宿泊した体験談や部屋からの眺めのクチコミを公開中!




↓ハワイ旅行前に作っておくと安全・便利





↓ハワイでスマホ使いたい方へ






ハワイ旅行前にまずチェック!

 

シーズン別ハワイ旅行講座☆

 

ハワイでの通貨とチップのお話

 

「はじめてのハワイ旅行」体験談

 

はじめての海外旅行講座

 

ハワイでスマホ・ネットしたい!

 

ハワイへ新婚旅行&結婚式

 

人気のオプショナルツアー

 

オアフ島から行ける島のツアー!

 

ハワイのお勧めホテル徹底解剖

 

ハワイのおすすめレストラン

 

ハワイの3大ステーキ有名店

 

ハワイの買い物おすすめスポット

 

番外編