ハワイ旅行前にまずチェック!

旅行会社の、ハワイの人気レストラン予約のオプショナルツアーとは?利用するメリット

「英語は全然話せないけど、ハワイの料理を楽しみたい・・・」
「せっかくハワイに行くんだから、人気のレストランには絶対行きたい!」
「有名レストランで食事はしたいけど、並んで席を待ったり混雑するのは嫌」
「チップの計算が面倒だし、高級レストランでチップの支払いに手間どうのは避けたい・・・」

という人にお勧めなのが、レストラン予約のオプショナルツアー。(`・ω・´)

どういうものかというと、HIS、JTB、近畿ツーリストなど各旅行会社では、オプショナルツアーの1つとしてハワイの「人気レストラン予約」を申し込むことができます☆


英語があまり得意ではない人は、お店に入り料理を注文するだけでも、もうかなりのハードルの高さだと思います。( ̄▽ ̄;)

実際、私の旦那さんは全く英語が話せませんし、聞き取れないので、私と一緒じゃなきゃレストランどころか買い物にすら行きませんでした。笑
(私もバリバリ英語が得意なわけではないけど、旦那さんよりは英語OK。笑)


オアフ島のワイキキの人気レストランやカフェでは、日本語メニューが置いてあるお店でさえ、日本の義務教育では習ったことがない英語が店員さんから飛び出します。笑

ワイキキであれば、日本語っぽいカタコトの英語を話しても、英単語が言えれば店員さんも聞き取ってくれるんですが、それでも不安は拭いきれないと思います。


ましてや、ハワイは自分で食事を席に運び、自分で片付けるようなセルフサービスのマクドナルドなど以外は、カフェだろうがレストランだろうが、全ての飲食店で「チップ」を渡す必要があります。
(飲食代に含まれていない場合)

チップの計算や飲食代のお会計は、慣れてくればどうってことないんですが、私たち夫婦もチップや会計になれるまではとってもビクビクしていました( ̄▽ ̄;)

ちなみに、私がハワイで主に最低限必要だと思った英語はこちらハワイ旅行で主に使う英語!これだけ覚えればOK!でまとめています。


そういう人にこそ、この「レストラン予約サービス」はすごくお勧めですし、私たちも2回ほど利用しました。




メリットとしては、日本人スタッフによる人気レストランの事前予約、チップ前払い、店頭での会計必要なしってところです。

詳しくお話しますと、ハワイのガイドブックに載っているような人気レストラン&カフェは、平日であろうがお食事時になると大変混雑して店先に順番待ちの列が出来ます。

日本であればお店に予約を取りたいものの、当然ですがお店に電話をかけたら英語対応です。

それが、旅行会社が販売しているレストラン予約を申し込んでおけば、自分の旅行会社のツアーカウンターにより、日本人スタッフの方に予約を頼めるため、ツアー会社の人が英語でお店に電話予約してくれます。

「○日のこの時間は予約空いてないですかー?」、「○日なら○時と○時なら予約出来るそうです」なんてやり取りも、日本人のツアーカウンターの人とだから、安心です。
またツアー申し込みをすると、面倒なチップの計算や店頭での会計は必要ありません。


そもそも、レストラン予約を旅行カウンターで頼めば、コース料金とともにチップの料金が含まれているので、それを予約時に旅行カウンターで支払うことになります。

そのため、そのお店に行ってからチップを計算したりお会計をする必要はないので、人気レストランの予約から会計までが旅行カウンターで済ませてしまえます。


もちろん、予約したコースに含まれる物以外をお店で注文した場合には、支払っていない飲食についてはその場で支払いが必要になります。

旅行カウンターでレストラン予約をすれば、「このお店はドレスコードが必要ですか?」、「ドレスコードなしで行けるレストランはどこがありますか?」などと、気になることまで聞けちゃうので、これもメリットの1つですね。


ただしレストラン予約をする場合は、予約できるお店や予約できるコースは限られています。
だいたいの人気レストランは予約を行っていますし、コースはそもお店の人気のコースから選ぶことになります。

また、オプショナルツアーとは書かれているものの、レストランまで送迎があるわけではなく、レストランの行き帰りは各自となりますので注意が必要です。


私たち夫婦の場合は、有名なステーキのお店「ルースズクリスステーキハウス」を、このレストラン予約で利用しました。

夕食時だと、やはり有名店なので店先にはかなりたくさんの人が並んでいました。




私は近畿ツーリストでハワイ旅行に行っていたので、近畿ツーリストのレストラン予約の場合は、ツアーカウンターでコース料金の支払いをすると、全部英語で書かれた予約表といいますか領収証と言いますか、とにかく予約した人の名前や予約時間、どのコースかなどが書かれた紙を、予約した時間にお店に持って入店します。

お皿やグラスなどがセッティングされたテーブルに、店員さんが案内してくれます。
コース料理が日本語と英語で書かれたメニューを持ってきてくれるので、付け合せやメイン料理、デザートなどを選択していきます。




「これ2つとー」みたいな感じで日本語で指差しながらでも大丈夫でした。笑
さすがに数までは日本語では無理だと思うので、1つ、2つって指で見せた方がちゃんと伝わると思います。





でも、さすが旅行会社が提携しているレストランなだけあって、その日その日で1人は日本語が少し話せる店員さんがいてくれるみたいです。

だから、日本語全開でもジェスチャーで読み取ってくれるほど、日本人観光客が多いので慣れているんだと思います。



食事中にも、店員さんが「オイシー?」とカタコトで聞いてくれるのも楽しかったです。(*´ω`*)
ルースズクリスステーキハウスについては、レビューや料理についてなども、こちらのページ【私の口コミ大公開】ルースズ・クリス・ステーキ・ハウス/ウルフギャング・ステーキハウス/ハイズ・ステーキハウスでもう少し詳しく紹介していますよ。


近畿ツーリスト以外のHISやJTBでも、よく取り扱われている人気レストランやカフェには、こんなお店があります☆

・ウルフギャング・ステーキハウス
・ルースズクリス・ステーキハウス
・トップ・オブ・ワイキキ
・ロイズ・ワイキキ
・ハイズ・ステーキハウス
・アランチーノ・ディ・マーレ
・カイ・マーケット
・ラムファイヤー
・ヒルトン・ワイキキ・スターライト・ルアウ
・シーフード・ヴィレッジ
・アイランド・ヴィンテージ・コーヒー
・アトランティス・シーフード&ステーキ
・ビーチハウス・アット・ザ・モアナ
・アロハテーブル・ワイキキ

などがあります。


旅行会社のレストラン予約を利用する場合の料金は?

旅行会社のレストラン予約を利用する場合には、そのお店のコース料金の他に、チップ代は含まれるのはもちろんなんですが、旅行会社の手数料も含まれていることが多いです。

レストラン予約のオプショナルツアーだけではなく、ドルフィンウォッチや天国の海ツアーなどのアクティビティでも、手数料を含めたツアー料金の支払いとなっています。


私がオプショナルツアーで体験したドルフィン&ユーについてはこちら【ドルフィンアンドユー】私の口コミ公開中★ハワイでイルカと泳ぐ!ドルフィンスイム(シュノーケル)のツアーで紹介しています☆


そのため、ただレストランに電話予約をしてもらって、料金を先払いするだけのものですが、だいたいどこの旅行会社でも、手数料として1.000円前後かかると思います。

この手数料を高いと思うかどうかは別ですが、お店に並ぶ無駄な時間を考えると、予約すれば並ばないでお店に入れるだけでも、手数料を払ってでも申し込むメリットはあるかなーと思いますよ☆(*´ω`*)


<<前の記事「ハワイ旅行は、JTBとHISはどっちがいい?旅行会社別の特徴・選び方・比較(メリット&デメリット)」へ
>>次の記事「ハワイの宿泊先ホテルの選び方!オーシャンビューなどの部屋の眺望の意味、ホテルのランク」へ


●関連記事
オアフからハワイ島、マウイ島、カウアイ島に日帰りで行くオプショナルツアー!
ハワイでの移動手段は?注意すること!レンタカー、トロリーバス、ザ・バス、タクシー
【私の口コミ大公開】ハワイのウェディング・ハネムーン(新婚旅行)におすすめ!写真のみ「ビーチフォトプラン」



↓ハワイ旅行前に作っておくと安全・便利





↓ハワイでスマホ使いたい方へ






ハワイ旅行前にまずチェック!

 

シーズン別ハワイ旅行講座☆

 

ハワイでの通貨とチップのお話

 

「はじめてのハワイ旅行」体験談

 

はじめての海外旅行講座

 

ハワイでスマホ・ネットしたい!

 

ハワイへ新婚旅行&結婚式

 

人気のオプショナルツアー

 

オアフ島から行ける島のツアー!

 

ハワイのお勧めホテル徹底解剖

 

ハワイのおすすめレストラン

 

ハワイの3大ステーキ有名店

 

ハワイの買い物おすすめスポット

 

番外編