ハワイ旅行前にまずチェック!

ハワイで必要になるお金、持っていくべき予算とは/ハワイの物価事情

ハワイに行く前の準備段階として、ハワイへの旅費はいくら必要になるのかは、こちらのハワイ旅行の費用・料金・予算は?ページで解説しました☆

というわけでこのページでは、ハワイに着いてから必要になるお金、現地で使うお金、どれくらいの予算があればハワイで無理なく観光出来るかをお話していこうと思います。

まず、現地で必要になる具体的な項目としては、「食費、交通費(移動費)、ツアー料金、お土産代」です。



●ハワイでの食費

ハワイ旅行の楽しみの1つ、ハワイでの食事に必要になるお金についてです。
ハワイでは、たとえばカフェで朝食を食べるとしたらだいたい1人10ドルくらい、ホテルの朝食のビュッフェなら1人25ドルから40ドルです。

私もシェラトンに宿泊中に、朝食をオーシャンビューレストランで食べましたが、シェラトンでは確か1人24ドルでした。(詳しくは私のシェラトンワイキキの紹介ページへ)

1ドルはだいたい100円前後ですが、ドルの計算やチップについてはこちらハワイでのチップ計算方法/支払い方、いつ渡すか、相場金額、チップのお釣り/レストランでは?で詳しく解説しています。


次に、ランチだとたいていどこに行っても15ドルくらいで、ディナーは30ドル前後。
ちなみにハワイで人気のステーキハウスとか、高級レストランとかだと、1人70ドルはいきますよ( ̄▽ ̄;)

カフェやレストランで、頼んだメニューにドリンクがセットになっていないものは、ドリンク単品だと5ドルから9ドルくらいでした。


ハワイには「ABCストア」というコンビニがあちこちにあるので、ちょっと食費を抑えたいって思った朝などはコンビニで何か買って済ませたりして節約するのもよし。

といっても、ABCストアで売られているサンドイッチは約7ドル、飲み物は飲料水なら安いけど、日本でも売られているような感じのお茶やジュースは3ドルから5ドルするので、基本的にコンビニでも水以外は高いです・・・。


今回私たちがハワイに行ったときも、食費でかなり所持金を使ってしまいました( ̄▽ ̄;)
まさか飲食代がこんなに高いとは思ってなくて笑

でも、ハワイに行ったら絶対に「ステーキ食べたい・・・」、「パンケーキ食べたい・・・」となるので、食費は余裕をもって持って行った方がいいですよ。


※注意事項※
ただ、あまり多くの現金を持ち歩くのはオススメできません。ハワイは安全な場所だと思っていて失敗した・・・という話はよく聞きます。実は、、、私も怖い目に合いました。


参考ページ:ハワイで実際に私に起きた事件!ハワイの防犯・安全性について




●ハワイ現地での交通費

ハワイに着いてからの移動手段となるのは、バス、タクシー、レンタカーなどです。
バスは、「ザ・バス」と呼ばれるどこまで行っても片道一律2.50ドル(205円)で乗れます。

ハワイは、どの大手旅行会社もかなり力を入れている観光地のため、各旅行会社が自社で運営している「無料のシャトルバス(トロリーなど)」もあります。

私は、近畿ツーリストからハワイ旅行を申し込んだため、近畿ツーリストの無料トロリーを利用すれば、滞在中に移動費は一切かかりませんでした。

この辺のお話は、こちらのハワイ旅行は、JTBとHISはどっちがいい?旅行会社別の特徴・選び方・比較(メリット&デメリット)ページでも詳しく書いているので、読んでみてください。


次にタクシーに関してですが、例えばハワイのオアフ島の初乗りは2.80ドル、それ以降1マイルごとに2から3ドル加算されていくといった料金設定です。

レンタカーを借りるとすると、例えばニッポンレンタカーハワイなら、小型車で24時間で99ドルです。

ハワイでは、宿泊しているホテル周辺であれば徒歩でも移動は可能ですが、いろんな観光地に行きたいのであれば、交通費も必要になってきます。

ハワイでの移動手段やその注意点について、詳しくはこちらハワイでの移動手段は?注意すること!レンタカー、トロリーバス、ザ・バス、タクシーへどうぞ。


●オプショナルツアー料金

ハワイ旅行は、ハネムーンのビーチフォトやマリンスポーツなどのオプショナルツアーを利用する人がほとんどです。

日本にいる時に、自分でもしくは旅行会社を通して申し込んでおくことも出来ますし、現地の旅行カウンターから手配することも可能です。

ハワイには日本人スタッフが運営しているツアーがかなりたくさんあるし、たとえば同じビーチフォトでも運営している会社によって、料金が全然変わってきます。


例えば私が実際に体験してきた「ドルフィン&ユー」のイルカと泳ぐツアーだと、大人1人146ドル、「レイウェディング」というサロンのビーチフォトは2人で600ドルでした。

現地で精算出来るものもありますので、料金などは気になっているツアーの運営先に問い合せてみましょう。


ちなみに、私たち夫婦がツアーに参加した「ドルフィン&ユー」についてはこちら【ドルフィンアンドユー】私の口コミ公開中★ハワイでイルカと泳ぐ!ドルフィンスイム(シュノーケル)のツアーのページを、ビーチフォトについてはこちらの【私の口コミ大公開】ハワイのウェディング・ハネムーン(新婚旅行)におすすめ!写真のみ「ビーチフォトプラン」を参考にしてください。


●お土産代

ハワイのお土産は、事前にガイドブックなどでリサーチしている人はわかると思うんですが、とにかく高い。笑

そのため、結婚式に来てくれた友達への「バラまきみやげ」さえも、バラまけないような金額だったりします。(私の感想では)


よく見かけるハワイの定番みやげでもある、マカダミアナッツが入ったようなチョコレートは、1箱で9ドルくらいはしますし、バラまけるようなちょっとした物が大量に買いたいと思っても、1つ5ドルくらいはするので、5ドル×結婚式に来てくれた何十人だと、予算はすぐにオーバーしてしまいました。

私の友人で以前ハワイに行ったことがある人も、やっぱり新婚旅行とだけあってかお土産を買わなきゃいけない数がハンパなく・・・。
配る用のお土産だけでも1万円は軽くオーバーしたそうです。
私も同じような感じだったので、お土産代は甘く見ないように・・・・・。



ハワイはとにかく物価が高いです。
私が行った2週間前には、ちょうど円安だった影響もありますが、とにかく高い・・・。

かわいいなーって思ったワンピースやショートパンツの値段を見てびっくりです。( ̄▽ ̄;)
アラモアナのショッピングセンターに入っていたファション系のお店では、ワンピースとかショーパンとかいろいろ売ってたんですが、値札のタグを見た瞬間、「ん?・・・ん?」と思わず値段を見直してしまいました。笑

オシャレなお店で売ってるようなワンピースとかは、軽く100ドルは超えます。

そのかわり、ABCストアでもアロハな柄のワンピースやアロハシャツが売っているんですが、ABCストアで売っている服は、日本と変わらないくらいの金額でした。

やはりハワイも所詮は離島だからか、アメリカ本土よりも物の値段がお高いのは仕方ないんですかね。


ハワイにも日本の「おーいお茶」や「カルピス」、「おにぎり」などはABCストアにも売っているんですが、当然ですが向こうではアメリカの物よりも日本の商品の方が少し高いですよ。

現地の、ビーチフォトの会社の日本人スタッフの方とお話していたんですが、ハワイはワイキキだと1Rで10万円は超えるそうなので、賃貸料からもいかにハワイの物価が高いか、わかりますよね。(´;ω;`)

しかし、ハワイは日本人の多さでも有名なほど、日本人が魅了される場所でもありますので、どれだけ物価が高くても、また行きたくなってしまうところなんですよね。(*´ω`*)


※注意事項※
ただ、買い物をいっぱいしたいからと言って、多くの現金を持ち歩くのはオススメできません。


参考ページ:ハワイで実際に私に起きた事件!ハワイの防犯・安全性について


↑私はこんな怖い体験をしましたw みなさんも気をつけましょお☆


ABCストアについての紹介はこちらのハワイのコンビニ「ABCストア」には何が売ってる?/コインランドリーがあるワイキキのホテルは?をどうぞ。


<<前の記事「ハワイ旅行の費用・料金・予算は?」へ
        >>次の記事「ハワイ旅行に持って行くべき持ち物!必需品リストアップ」へ


●関連記事
海外旅行保険とは/ハワイ旅行のために入るべき?必要なの?
ハワイ旅行のESTAとは?確認、申請方法、自分でとる方法!旅行会社で代行?
ハワイ旅行のESTA!自分で手続きするやり方、入力方法



↓ハワイ旅行前に作っておくと安全・便利





↓ハワイでスマホ使いたい方へ






ハワイ旅行前にまずチェック!

 

シーズン別ハワイ旅行講座☆

 

ハワイでの通貨とチップのお話

 

「はじめてのハワイ旅行」体験談

 

はじめての海外旅行講座

 

ハワイでスマホ・ネットしたい!

 

ハワイへ新婚旅行&結婚式

 

人気のオプショナルツアー

 

オアフ島から行ける島のツアー!

 

ハワイのお勧めホテル徹底解剖

 

ハワイのおすすめレストラン

 

ハワイの3大ステーキ有名店

 

ハワイの買い物おすすめスポット

 

番外編